基本スペック

駆動方式[FR]/ ミッション[5速]
初期馬力[160ps]/カーナンバー:1989


全長:4,235 - 4,430mm
全幅:1,595mm
全高:1,390 - 1,405mm

最高速度:350km/h

備考:通称『ハコスカ』。
かつてサーキットで伝説を打ち立てた名車である。

GT-R勢の中では車体もコンパクトなので、
擦り抜けや回避もやり易い
(全幅はコスモスポーツサバンナGTと同じく全登場車種中第2位の狭さ)。
しかしGT-R勢で唯一のFR車である為、加速は劣る。
またコーナリング時にテールが流れ易く、
若干オーバー気味な挙動を示す傾向にある。

上記の特性故、コーナリングではかなり速度が落ち、
ストレートに出ても加速しない。
更に、前作で最強クラスと言われた対接触性能は平均以下に弱体化。
その為、意外と難易度が高い上級者向けの車種と言える。

5になって、コーナー脱出時のトラクションが向上し、脱出速度が改善したが、
フロントの接触判定がかなりシビアになった。

選択可能カラー

スカイラインレッド
スカイラインシルバーメタリック
スカイラインホワイト
スカイラインブラウン

追加カラー

1回目 ブルー
2回目 イエロー・メタリック
3回目 グリーン・メタリック
4回目 ダークパープル・メタリック
5回目 コーラル
6回目 ワインレッド
7回目 ゴールド・メタリック
8回目 ピンク・メタリック
9回目 フロッグ・グリーン
10回目 ブラック
11回目 ペールピンク
12回目 ペールブルー・メタリック
13回目 グリーン3・メタリック
14回目 ガンメタル
15回目 :ライトパープル・メタリック
16回目 :オリーブ
17回目 :パープルブルー
18回目 :オレンジ・メタリック
19回目 :イエローグリーン・メタリック
20回目 :パープルシルバー
21回目
22回目
23回目
24回目
25回目
26回目
27回目
28回目
29回目
30回目

エアロパーツセット

A:往年のワークスレーシングカーのオマージュ。
ライトカバーの色は、ワークスステッカーを貼るとラインの色に合わせて変わる。
車種別ウィングを付けてワークスステッカーを貼ると、往年のレースカー風となる。
ちなみにこのエアロのみのバグがある。詳細はコチラ


B:下回りにやたらデカいフロントスポイラー、通称"出っ歯"が付く族車仕様。
内側のヘッドライトは外されている。
4ではリアのメッキバンパーがなくなっていたが、アップデート後は戻っている。

C:'70年代のマッスルカーを髣髴とさせる。見た感じダッジ・チャレンジャーに似ている。
リアウィングは、プリマス・スーパーバードの純正ウィングに似ている。

D:シルエットフォーミュラのような大幅に張り出したフェンダーが特徴。
リアウィングはトランクを囲むような形。ヘッドライトは角目に。

E:ハコスカ定番のチンスポイラーとフロントのオーバーフェンダーが付く。
純正でウィングレス。リアのオーバーフェンダーはボディ同色になり、マフラーは1本出しになる。

F:「街道レーサー」仕様。エアロA譲りのオーバーフェンダーにツリ目ヘッドライト。
テールランプは純正とは全く違い、ケンメリのワンテール仕様を彷彿とさせるデザイン。

G:フェンダーの張り出しの形状はエアロDとやや似ている。
フロントマスクは、映画「60セカンド」で登場した架空のクルマ、GT500エレノアの様な形状。

ダクト付ボンネット

A:R35チックのNACAダクトが2つ開けられる。ボンピン付き。

B:見比べないと分からないが、ヘッドライトのラインからボンネットの角に向けてわずかに盛り上がっている。

車種別ウィング

A:純正オプションのウィング。通称"板ッパネウィング"
B:エボ7のスポイラーに似た形状。お世辞にも似合っているとは言い難い。

カーボントランク



エアロミラー

ラリーカータイプの固定式ミニミラー。

ワークスステッカー

1971年の日本グランプリ仕様のゼッケン付きワークスストライプが付く。
各初期カラー及び更新カラーにおけるラインカラーとゼッケン番号は以下の通り。
ラインカラーとゼッケンの組み合わせは色ごとに固定されている。

ボディカラー ラインカラー ゼッケン
スカイラインレッド ブルー 21
スカイラインシルバーメタリック レッド 23
スカイラインホワイト レッド 23
スカイラインブラウン ブルー 21
ブルー イエロー 5
イエロー・メタリック グリーン 38
グリーン・メタリック レッド 23
ダークパープル・メタリック ブルー 21
コーラル ブルー 21
ワインレッド レッド 23
ゴールド・メタリック レッド 23
ピンク・メタリック イエロー 5
フロッグ・グリーン グリーン 38
ブラック ブルー 21

※ちなみにラインカラーは、実際のワークス仕様・プライベーター仕様ですべて存在した色であるが、
当時の日産のワークスはボディカラーが白(アイボリー)にラインがレッド・グリーン・ブルーの3台のため、
ワークスと同じ組み合わせはスカイラインホワイト/赤ラインのみとなる。
とはいっても、フロントスポイラーとリアスポイラーがラインカラーにならないため、完全なワークスカラー再現は不可能。

雑記

  • ロールケージが他車種と違い、真ん中に補強バーが一本入る形になる。
    この補強バーはボディカラーに影響されず、白色に固定される。
  • エアロAは分身でバグが起きる事がある。
    ドライバー視点でミラーを見ると、片方のライトだけカバーで覆われなくなる現象。
  • 3人称視点の場合の視点の距離が他車種より近い(この現象は3DX+のときから)。