※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 「うわ!!」
クウは、目を覚ました。
「クウ大丈夫?」
ちょうど帰ってきたセラが言った。
「いつの間にか寝てたんだ・・・。」
クウが言った。
「父さんと母さんが死ぬ夢か・・・・。」
クウは時折父と母が殺された瞬間を「夢」と言う形で思い出してしまう。
最後の発砲は実際に起きていないのだが・・・

「そうそう、あの建物の中の話だけど、何か巨大なものが空に向かって飛んで行ったよ。」
っとセラが言った。
「巨大なもの・・・・?面白そうだな、安全そう?」
クウはきいた。
「多分安全。」
セラは答えた
「そうか、じゃあ行ってみよっか。」
クウはそう答え、セラと一緒に巨大な建物へと走っていった。
「巨大なもの」の中は空だった・・・。
「誰もいないねぇ・・・。」
クウがそう言った瞬間・・・。
ガタガタとその「巨大なもの」は揺れだした・・。
クウとセラは窓から外を見てみると
「「え?」」
二人は同時に言った
外の景色は真っ青だった・・・
真っ白な大地はどんどん遠ざかり・・・丸い球体になった
外はもう真っ暗になっていた
「夜でもないのに真っ暗だ・・・」
クウは言った
「不思議・・・」
セラもそう言った

巨大なもの・・・・シャトルは不毛の惑星ゲルニアへまっすぐ飛んでいった