※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

改めて言おう、(もうどうでもいいよと思っているそこの君、前回と書いてあることは違うヨ)

前回のあれはあれだったのでもうちょっと書きます

クウとは英雄と呼ばれたぺペンギンである、クウがいるからこの世がある
セラとはクウの秘書みたいなもんである

レンとは商売上手なぺペンギンである
リサとは・・・女帝である  byレン


「これがポルドシティ・・・緑が豊かだ」
レンが言った
「ロボストアに、アイテムストア・・・ってこれだけ?ペイントストアは?おしゃれできないジャン」
リサが言った

「お二人さん、なにいってんだなぁ、ここはランタナ村、ポルドシティはもう少し先なんだな~」
ウツブシが言った
「そーゆーことは先に言え!!」
リサが怒ったような口調でまんべんない笑みでレンを殴った
「なんでおれ!?」
レンがちょいとなぞめいた口調を入れてきいた
「気分」
リサがそう答えた

「まっせっかくだし、リペアパック1000取れたから売ってみるかな」
レンが言った

  ―――アイテムストア―――
「!?」
レンがちょっとなぞめいた
「だから言ってるでしょ?このアイテムはこちらでは300cで買い取らせてもらってるんだって」
店員が言った
「あんたこれが何か知ってるのか!?ただのりぺ1000じゃない!!魔境に生えてた木から取れたりぺ1000なんだぞ!?」
レンが言った
「何度もおっしゃいますけど、いくらそんなりぺ1000でもですね、商品としての人工りぺ1000とは何にも変わりませんよ?」
店員が言った
「ちがくないわけがないだろ!?ほらヒノキの匂いがするだろ!?」
「そんなものこちらの【火乃木乃歌緒理銃(ヒノキの香りスプレー)】でいくらでもなりますよ」

「なにやってんの、あの二人・・・」
リサが言った
「見てて不愉快なんだな」

―――第4話に続く