※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 モンスターと天使軍と悪魔軍 こいつらはなぜ戦うのだろう

タタタタタタタタタタタ

「ぐはぁ・・・」
ゲイルがうめいた
「ゲイル殿!!」
「ゲイルさん!!」
クウとヘキサが驚いてきいた

「フフフフフ、もろいな、悪魔軍といえども私に勝つことはできぬか」
ジェネシスが言った
「くっくっそおおおおおおおおおおおおおおお!!」
ゲイルが吼えるように言いながらジェネシスに特攻した

「あまい・・・ゆえにつまらん」
ジェネシスがそういい片手を後ろに引っ込め・・・
「消えろ」
そういった
その直後

ギュイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイン

と音がしたかと思うと目の前でヘキサが倒れていた

「ヘキサぁ!!」
クウは思わず叫んだ

「大丈夫です・・・大丈夫・・・・」
ヘキサが言った
「よかったぁ・・・・」
クウが言った


「まだ生きてたのか・・・・強い奴は今のうちに倒さんとな」
ジェネシスがそういった瞬間にまた片手を後ろに向けた
またあの音・・・

「やらせない!!もうこれ以上最悪な事態は起こさない!!」
クウがそう吼えた

だが・・・

かばったはずのヘキサはスクラップになっていた

そしてジェネシスが目の前にいた

「誰をかばった?おまえに何ができた?何もできずに貴様はボーっと見てるだけだったようだな」
ジェネシスが言った

「うるさい!!」
クウが思わず冷静さを失っていた


ピピピピピピピピピ

「わかったぞ・・・あいつの攻撃方法が・・・」
ゲイルがそうかすかに倒れた状態で言った

ゲイルは足を失っていた


「クウ!!奴の攻撃方法がわかったぞ!!奴の攻撃方法は・・・」
ゲイルがそういった瞬間に
「まだ生きていたのか、お前ら本当にしぶといな」
ジェネシスがそう吐き捨ててまたあの同じ攻撃をしようとした

今度はクウにも分かった
奴の攻撃方法は片手にENを集め一歩で相手に突っ込み
そして敵にENを集めてある片手で標的を押す

やらせない!!絶対に・・・もう被害者は・・・・

たくさんだ!!


クウがそういった瞬間にクウの体・・・いやデルファイターの体に変化が起きた
全身がラノードに変化した
背中にはヘキサがつけていたような虹羽がついていた
「うおおおおおおおおおおおおおお!!」
クウが言った
「なに!?」
ジェネシスは驚いた

なぜならジェネシスの右腕が打ち抜かれていた
「きぃぃぃぃぃxさぁぁぁぁぁぁまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」
ジェネシスが冷静さを失いただクウを憎むようにいった

消す消す消す消す消す消す消す消す消す消す消す消えろおおおおおおおお!!

「冷静さを失いただ憎むものを攻撃するためのガラクタになったかジェネシスよ」
クウが言った

「僕はすべての生き物が戦わなくていい平和な未来を目指す!!僕みたいな被害者をもうこの世に出さない!!そのために貴様を倒す!!」


「消えろおおおおおお!!」
「そのまま、返すよ」

二つの影がすばやく動き空中でただ一発切った

二つの影のうち片方が真っ二つになった

「ふはははははははははは」
「所詮は貴様がその程度の器だったってことだ」
ジェネシスが言った

「自分の胸に聞いてみたらどうだい?」


半分になっていたのは
ジェネシスであった

「ぐおおおおおおおおおおおおお」
「もっと強くなれ、まあもう無理だろうけどな」

――――数日後――――
「ほっほんとですか、あっありがとうございます!!」
クウが言った


「どうしたんだい?」
ゲイルが言った
このときゲイルは体を入れ替えられていてデルダーからゼロファイターになっていた

「やっと、やっとモンスターと天使軍が停戦協定および不戦闘契約を結んでくれたんです」
クウがうれしそうに言った

「お、それはすごいねぇ」
ゲイルは笑いながら言った

―――そしてある日―――
「レン、いくよ」
「わかってるよ、リサ」

また、ある話が生まれる

―――最終話外伝 完