※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ジョセフとは1話しかまともに出ていないかわいそうな天使軍である
 ヘキサとは最後まで勇敢に戦ったHEROである

「結局売れなかった・・・・・俺のりぺ1000・・・」
レンが言った
「・・・まだ悔やんでんの?」
リサが言った
「だってさぁ・・・ヒノキの香りがするリペ1000だぜ?めっちゃレアだぜ?」
レンが言った
「正直、使えればどんなものでもいいんだな~」
ウツブシが言った

「んでソロソロ燃料が尽きるんだな・・・」
燃料は単純にENパックを指す
「もう・・・だめなんだな・・・」
ウツブシがばたりと倒れた、転がるようにしてだが・・・・
「ENパックSP使うか」
レンはそういうとウツブシの口にENパックSPを放り投げた

「元気百倍!!アンパンサン!!なんだな~」
ウツブシが復活した

「でもENパックSPは使用しなくてよかった気がするんだな~」
「「なぜ?」」
「それは・・・目の前がポルドシティなんだな」

どの惑星もステージが変わるときには必ずゲートがついている
そのゲートをとおると自動的にENが回復するようになっている

「ついたのね・・・!!」
リサが言った
「ついたね・・・!!」
レンが言った
「二人とも目が輝きすぎなんだな・・・」

漫画であらわすと少女系漫画でよく見るような目の中に☆ガいくつもあるような感じである

「お目当てのスキン~~~~」
リサが言った
「商売人がいっぱい~」
レンが言った

「スキンしに行くよ~」
リサが言った
「僕は商売しに・・・」
レンが言ったその直後

ドン!!


とシティ全体に鳴り響いた

ポルドシティ中のみんなが驚いてみてみるとそこには・・・

リサが壁を叩いただけだった、そうひびが入る程度に叩いただけ

敵襲だと思った読者の方・・・・

ご愁傷様だな


「何か言った?」
リサが言った
「言ってません」
レンは素直に従った

―――第5話につづく


ショートストーリー
今回からストーリを書くにつれ、お題を決めて短いストーリーを書くショートストーリー
を書くことにしました、どうぞご覧ください
(ちなみにチャット形式で書きます)

お題【もしもリサが弱かったら】


第4話の最後らへんより・・・

リサ「お目当てのスキン~~~~」
レン「商売人がいっぱい~」
リサ「スキンしに行くよ~」
レン「僕は商売しに・・・」
といった直後

カシュ・・・

と壁に発泡スチロールを投げつけたような音がなった

リサ壁を叩いただけだった、とても弱弱しく・・・

ちびっこが遊んでるだけだと思った読者の方・・・・

ご愁傷様だな


リサ「何か言った?」
レン「はい、言いました!!」
素直にそういった