※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ―――クウの隠れ家―――
クウ「ふう、やっと収録終わったなぁ」
セラ「本当ね~でも出番そこまでなかったけど・・・」
皆全話読んだ方は気ずくているでしょう
セラは数話しか出てません
クウ「だってさ、僕がヒーローだし、特に女キャラなんかつかえないだろ?」
セラ「なんてこと言うのよ!!どの小説にも女キャラは存在するのよ!!」
クウ「たとえば?」
セラ「たとえば・・・」
クウ「いえないのかよ!!」
セラ「クウ、性格変わったわね~」
クウ「ごまかすんじゃない!!」
セラ「たとえば、デルトラクエスト、ジャスミンって子がいた、銀魂、神楽って子がいた
その他もろもろ」
クウ「でも女が主人公はないだろ?」
セラ「最近多いよ~、秋葉原参照」
クウ「でも、うちはうちよそはよそ」
セラ「う・・・・」
クウ「だってさ、作者のギトさんも『ヒロインはひとりでいい、それ以外は邪魔』って言い張ってるし」
セラ「わあああ、裏現実ネタ禁止!!」
クウ「しかもバザさんは『セラ邪魔になってきたからこの辺で消そう』って」
セラ「ひっひどい」

ヘキサ「君達何の話をしてるのかな?」


クウ セラ『ヘキサさん!!』

ヘキサ「何をもめているんだい?」
セラ「この馬鹿が、小説に女キャラはいらんっていうんですよ」
クウ「だって作者が作者ですしね」
クウ セラ『ってええええええええええええ、ヘキサさん生きてた~~?』
ヘキサ「あくまで小説内での話だよ、あれはね」
クウ「でも俺の目の前でパキ~ンって」
ヘキサ「ははははは、発泡スチロールを使った変わり身の術さ」
セラ「いつの間にそんなのを取得したんですか・・・」
クウ「でも・・・体からオイル漏れしてません?」
ヘキサ「ははははは、これはねただ体からの体液を体外射出してるだけだよ、決して老いるなどでは・・・」

クウ セラ『それがオイルでしょ!!』


ヘキサ「ははは・・・そ・・う・・か・・も・・・ね・・・・」
クウ「あ、死んだ」
セラ「死んだかどうかは知らないけど・・・危険じゃない?」
クウ「そだね、ってかいつの間に人の家に入ってきたんだ?」
セラ「不法侵入の上、ぶっ倒れるとは・・・」

「お困りかな・・・?」

チャララララ~

クウ「なんかBGMが聞こえてくる」
セラ「ふしぎねぇ・・・」
「あれ~はなんだ~♪それ~はなんだ~♪俺は~♪俺は~♪俺は~♪×10」
クウ「長ったらしくてうざいぞ!!作者も手を抜いて×10にしちゃったじゃないか!!」

「そう俺の名は!!皆のヒーロー!!その名もゲイル!!」
タタタタタン♪

クウ「なにやってんの・・・?」
セラ「ふしぎねぇ・・・」
ゲイル「こらこらしらけるな」

クウ セラ「ふざけるな!!お前の責任だ!!」
バコッ!!(殴る音)
クウ「ゲイル、吹っ飛んでったね」
セラ「うん」

高い空の上でゲイルはこういった

「俺の出番これで終わりかい!?」

貴方がふざけるからです

リク「あ~あ、言っちゃいましたね」
レイ「ですな」
クウ「・・・なんで人の家の押入れの中でお茶を飲みながらくつろいでるの?」
セラ「ってかなんでクウの家に皆で進入してんの?」
クウ「僕の家ってそんなセキュリティ軽かったけ・・?アル○ックにたのもっかな?」
リク「きにしないでください、僕らはあくまで脇役としての登場でしたので」
レイ「目立てなかったんですよ!!」
クウ「ふ~ん、へえ、ほうほう」
セラ「クウ、話がめんどくさくてすべて受け流した・・・」

ごそごそ

レイ「クウ殿、なにやってるんですか?」
リク「・・・何かあさってるようです、おもちゃ箱って書いてありますが・・・」
クウ「帰れ貴様ら」

ドーン

セラ「クウが押入れに向かってバズーカー撃っちゃった」

ピュ~~~~

そして空の上で
レイ「ゲイルさん、こんにちは」
リク「われわれもここへ来ました」
ゲイル「ふむふむ、お前さんたちもか」
レイ「また出番これで終わりですよ」
リク「脇役はつらいですね・・・」


クウ「やっとおわったねぇ」
セラ「おわったねぇ」

ジェネシス「終わってはいな・・・」
ドーン


レイ「ジェネシス様、こんにちは」
ジェネシス「我の扱いひどくね?」


こんこん
セラ「クウ、誰か来たみたいだよ?」
クウ「あ、本当だ」
ガチャ

レン「やぁ、こんにちは」
リサ「こんちは」

クウ「よくも俺の主人公の座を!!」
セラ「よくも私のヒロインの座を!!」

レン「それより、どうやってここの時代に来たか聞きたくないんですか?」
クウ「作者の力ならいくらでも」

レン「では、第1章の方はこれで完結ということで」
クウ「ふざけるな!!俺はまだやれるんだぁ!!目だっていけるんだぁ!!ペペンギンノ旅は俺のものだぁ!!」
レン「(・ω・)ノシ」

クウ「あああああああああああああああああああああああああああああああああああ」


リサ「では第2章をよろしくお願いします」
セラ「こんな終わり方で・・・よかったのかな・・・」