※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

台座(Base)

figmaに適合する主な台座を記述する。ROBOT魂やリボルテック等14cm~16cm級のフィギュアになら基本どれでも扱うことが可能。


市販品

di:stage


魂STAGE

発売元 バンダイ
価格 1,554円(W)
1,365円(その他)
バンダイから発売されているアクションフィギュア用スタンド。

ACT.1 スタンドサポートタイプ

素立ちサポートに対応したシンプルスタンド。
ポーズはほぼ素立ちに限定されるため、後のシリーズに劣るがそれ故にデザインは良い。

ACT.2 アクションサポートタイプ

たくさんある支柱のおかげで素立ちはもちろん、アクションポーズにも適している。
根本の可動ジョイントは30度ずつ動く。なのはシリーズなどの空中アクションには向いているかもしれない。
一箱に3つ分のスタンドが入っているが、支柱はそれぞれの長さが3本ずつしか入っていないため、figma用スタンドのようなくの字スタンドを作ろうとしても1つしか作れない。

ACT.3 アクションサポートクリアタイプ

ACT.2と色以外ほとんど違いがないが、根本の可動ジョイントの動きが滑らかになった。
くの字スタンドを作るなら2よりこちらの方がオススメ。

ACT.4 forHumanoid

クリア・スパーキングレッド・ゲイルグリーン・ミラージュイエロー・スモークブラック(2011年1月下旬発売)の計4色が存在する。
今までの魂STAGEでは50mm支柱×2と可動ジョイントで作っていたくの字アームが、最初から接着されて3本用意してあり、figmaの台座アームに近い仕様。
この新型アームはfigmaに多い腰の細めな女性キャラとの相性も良好。
素立ち用支柱も可動ジョイントを必要としなくなり、全体的に安定性が増している。
他にも台座同士を接続することができたり、新形状のクリップ等全体的にdi:stageに近い内容。
なお100mm支柱は廃止された。

ACT.5 forMechanics

クリア・コズミックブルー・グローイングレッド・ホロニックグリーンの計4色が存在。アーム全高が高く空中シーン専用。なのは系や東方系向き。

ACT.W

ジョーカーカラー(ブラック)とプリズムカラー(グリーン)が存在する。
ガイアメモリ玩具と連動する台座だが、figmaとは関係ないため詳細の記述は避ける。

プラモデル アクションベース2

発売元 バンダイ
定価 525円
HGUC等の1/144スケールプラモデルを念頭に置いたベース。丸棒タイプの接続軸がfigmaとフィットしている。
ベース同士を連結させることも可能。
グレー・ブラック・クリアブルー・スパークルレッド・クリアグリーンの計5色が存在。