※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

手あかによる汚れ

 タライなどに多めの水を入れ、台所洗剤や石けんなどの中性洗剤を少し溶かし、その中で汚れている部分を指の腹などで優しくこすって汚れを落とします。汚れが落ちたら流水で洗剤をよく洗い流しましょう。洗剤を洗い流したら埃の出ない布などで水分をよく拭い、関節に水が残らないようよく乾燥させましょう。
洗剤でも落ちないような汚れは、次項に書いた方法を試してみて下さい。

塗料などによる汚れ

 下に行くほど、塗装に与えるダメージが大きくなるので、目立たない所で試してからやりましょう。
 特に軟質素材の塗装は弱いので注意。
  1. 消しゴムでこする(固い消しゴムだとこすった所がつやつやになってしまうようです。製図用などの柔らかい物で軽くこすりましょう。)
  2. メラミンスポンジでこする
  3. ガンダムマーカー消しペンの液を綿棒に付けて軽くこする
  4. エナメル溶剤を綿棒に付けて軽くこする
  5. コンパウンドを付けた布でこする
  6. 目の細かいヤスリ(2000番くらい)で軽くこする
  7. Mr.カラー薄め液を綿棒に付けて軽くこする(最終手段 ダメ元で(;^^))
 塗装されていない部分の汚れであれば、いきなりガンダムマーカー消しペンでも大丈夫です。ただし本当に塗装されていないかどうかよく確認しましょう。
 例)長門のカーディガンは塗装されています。
   エナメル溶剤で汚れ落としてたら剥げた('A`) 。