※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お湯ぼちゃ・湯通しについて

PVCフィギュアで推奨されている「お湯ぼちゃ」についての説明です。

購入後40~60度の湯(60度以上だとPVCが変質する)に一分程浸ける事で汚れを落とします。
また湯に浸かった状態で各関節をゆっくり動かせば関節の動きも気持ち滑らかになり、
塗料の癒着等による破損の防止策にもなります。

乾かす際にはタオルで水気を拭い、自然乾燥。
細かい部分はティッシュで吸い取ればおk。
曲がってしまったパーツなども同様の方法で暖める事で修復可能です。

※クリアパーツの場合、お湯の温度が高すぎると透明度が落ちる場合があるので注意。
※お湯ぼちゃ直後は思っている以上にパーツが柔らかくなります。
 手首を抜こうとしてパーツを分解させた方もいるようなのでご注意。
※あくまでも自己責任ということを忘れずに