※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とくダネの発言について


小倉さんはバランス感覚を持った司会者だ。

その場の流れに乗って軽々しい発言をするようなことはほとんど無い。
番組の内容が偏っている場合は、流れを止めてでも自分の考えを主張する。あるいは一歩引いたところから冷静なコメントを述べる。

だからこそYouTubeにアップロードされている動画は
多くの人を驚かせていることだろう。

番組の冒頭、北京オリンピックの聖火リレーに関する話題。

小倉さんはまずルートの変更について批判し、次に警備の物々しさについて言及。

最後には聖火リレーの意義に疑問を投げかけた。

今までの「とくダネ」冒頭のシーンのなかでも、小倉さんがここまで強いメッセージを口にするのを見るのは初めてかもしれない。