世界の人々の人権のために ASA 17-026-2006 陳光誠氏事件 続報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AI Index: ASA 17/026/2006 2006年5月4日

UA 271/05 (ASA 17/037/2005、2006年10月14日)の追加情報と
(ASA 17/040/2005、2005年10月25日;
ASA 17/005/2006、2006年2月6日;
ASA 17/018/2006、2006年3月14日)の後追い情報(follow-up)

拷問と虐待の恐れ/恣意的な勾留

中国

このページの内容一覧


対象者

  • 陳光誠(男)34歳
  • 陳華(男)27歳
  • 陳光春(男)40歳代
  • 陳光余(男)32歳、陳光誠の従兄弟
  • 袁[えん]偉静(女)29歳、陳光誠の妻
  • 陳光軍(男)43歳

事案の概要

 陳華は、伝えられるところによれば、[2006年]2月12日に釈放されたが、郷里・東師古村の外部にいる人々と連絡を取ることは許されていない。陳光春は同じ頃に釈放されたという。陳光余と陳光軍は、37日間投獄された後、4月18日に保釈された。この人たちは危険が迫っている状況とは思えないが、東師古村に戻ることができずにいる。
 山東省の村で法律の助言を行なってきた盲目の人権擁護活動家、陳光誠の居場所は、現在明らかでない。沂南[きなん]県の拘置所に勾留されていると思われてきたが、陳光余と陳光軍がそこで勾留されていて、二人は陳光誠と会っていないようである。村人は沂南県の国営「ビクトリア・ホリデー・リゾート(維多利亞渡假村)」に拘束されているのではないかと見ているが、当局はどこに勾留されているか公式には明らかにしていない。
 陳光誠の妻、袁偉静は20人ほどの警官に自宅で24時間体制の監視を続けられている。電話線は切られ、外部との連絡ができない。背中と脇腹には、3月11日の警察の襲撃による痛みが依然あるらしいが、適切な検査が受けられずにいる。
 陳華の釈放と陳光誠への監視を止めるよう求めて2月5日に抗議行動を行なった際に多くの村人の先頭に立った容疑で、3人が2月に拘束された。陳光東、陳庚江、陳光合がそれぞれ2月13日、16日、23日に拘束されたのである。3人は「公共物の意図的な破壊」で3月22日に正式に告発され、獄中では殴打されたという。家族は3月26日に当局から刑事告発したとの通知を受け取ったが、警察は家族の面会の申し出を拒否している。

 アピールを送ってくださった方全員に厚くお礼申し上げます。アムネスティ・インターナショナルでは状況を監視し続け、長期のキャンペーンを通してこの事件を追及してゆきます。現時点でUAネットワークから要請する追加行動はありません。

参考: 陳光誠氏事件 アムネスティ文書和文一覧

ASA 17/037/2005、2006年10月14日;
http://www10.atwiki.jp/ai-kunitati/pages/19.html
ASA 17/040/2005、2005年10月25日(抄訳);
http://www10.atwiki.jp/ai-kunitati/pages/19.html


英語原文


PUBLIC AI Index: ASA 17/026/2006
   04 May 2006

Further Information on UA 271/05 (ASA 17/037/2005, 14 October 2005) and follow-up (ASA 17/040/2005, 25 October 2005; ASA 17/005/2006, 6 February 2006; ASA 17/018/2006, 14 March 2006) - Fear of torture and ill-treatment/arbitrary detention

CHINA Chen Guangcheng (m), aged 34
  • Chen Hua (m), aged 27
  • Chen Guangchun (m), aged in his 40s
  • Chen Guangyu (m), aged 32, cousin of Chen Guangcheng
  • Yuan Weijing (f), aged 29, wife of Chen Guangcheng
  • Chen Guangjun (m), aged 43

Chen Hua was reportedly released on 12 February, but is not allowed to contact people outside his home village of Dongshigu. Chen Guangchun was reportedly released at around the same time. Chen Guangyu and Chen Guangjun were released on bail on 18 April, after 37 days in custody. They are not thought to be in immediate danger, but have been prevented from returning to Dongshigu village.

The whereabouts of blind human rights defender Chen Guangcheng, who had been acting as legal adviser to villagers in Shangdong province, are now unclear. He had been thought to be held at Yinan county police detention centre, but Chen Guangyu and Chen Guangjun were held there, and they apparently did not see him. Local villagers suspect that Chen Guangcheng is held at the government-run "Victoria Holiday Resort" in Yinan county, but the authorities have given no formal notification of where he is detained.

Chen Guangcheng's wife Yuan Weijing is kept under 24-hour surveillance in her home by around 20 police officers. Her phone has been cut off, and she is not allowed to contact anyone outside. Her back and side are apparently still painful as a result of the assault by police on 11 March, but she has still not been allowed to have a proper medical check.

Three men were detained in February on suspicion of leading hundreds of villagers in a 5 February protest calling for the release of Chen Hua, and an end to the surveillance of Chen Guangcheng. Chen Guangdong, Chen Gengjiang and Chen Guanghe were detained on 13, 16 and 23 February respectively. They were formally charged on 22 March with "intentional damage to public property" and have reportedly been beaten in custody. Their families received official notification of the criminal charges on 26 March, but the police have refused their families' requests to visit them.

Many thanks to all who have sent appeals. Amnesty International will continue to monitor the situation and pursue the case through longer-term campaigning methods. No further action is requested from the UA network at present.

(end)