世界の人々の人権のために UA 37-07 北朝鮮軍人処刑危機


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年6月3日以降の累計アクセス数= - ; 今日のアクセス数= - ; 昨日のアクセス数= -

アムネスティ・インターナショナル公開文書
2007年2月15日, ASA24/001/2007, UA37/07,

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮):差し迫った処刑 
二人の軍人男性(氏名は不明)


このページの内容一覧



事案の概要

 報告によると、二人の北朝鮮の軍人が、中国へ非合法に入国する北朝鮮市民[いわゆる「脱北者」=訳者注]を幇助したとして死刑判決を受けた。死刑は、2月16日以降に執行される可能性がある。

 これら二人の男性(将校と下士官)は、咸鏡北道の会寧市に近い国境警備所の司令官および副司令官であったと思われる。彼らは、越境して中国へ流れ込む同国の人びとを調べていた政府捜査官により逮捕された。

 死刑は2007年1月中旬に執行される予定とされていたが、情報筋によると、同国の指導者、金正日の誕生日の2月16日(祝日)後まで延期されたとのことで、2月16日以降にこれら二人が処刑される可能性がある。この処刑が公開・非公開のいずれかになるかは分かっていない。

背景情報

 北朝鮮における深刻な食糧難により、同国の何千人もの人びとが中国の東北地方へ越境して逃れざるを得ない状況にある。同国の法律によると、「共和国の国境」を不法越境した者は、すべて、政治囚刑罰労働所あるいは「管理所」で最長3年の刑に付される。この法律は、『市民的および政治的権利に関する国際規約』第12条(2)で規定している「すべての人は、自国を含めすべての国から自由に出国することができる」権利を侵害したものであり、同国はこの規約の締約国である。2006年10月の同国による核兵器の実験も、中国へ流入する同国の人びとの増加の一因となったと思われる。

 北朝鮮人民軍の保衛司令部は室内処刑を指揮していると言われている。被疑者たちは公開裁判に直面し、有罪とされた場合、ただちに処刑されると情報源は示唆している。

要請されるアクション

英語あるいは母語で、できるだけ速く、嘆願書を送ってください。
[葉書:70円、封筒最軽90円。訳者注]

  • 北朝鮮の国境警備兵2人が、すぐにでも処刑される恐れがあるという報告に憂慮を表明する。
  • 2人の処刑を停止すること、さらにすべての死刑執行を直ちに停止して北朝鮮の法律で死刑が廃止されるまで死刑執行を行なわないことを北朝鮮政府に求める。
  • 『市民的及び政治的権利に関する国際規約第二選択議定書』を批准するよう北朝鮮政府に要請し、究極の残忍で非人間的な刑罰である死刑の廃止を目指す。

宛先

[金正日 国防委員長]

朝鮮民主主義人民共和國
平壌
國防委員會
金正日 委員長 閣下
書き出し: Dear Chairman

コピーの宛先

[朝鮮民主主義人民共和国 朴吉淵 駐ニューヨーク国連大使]

Ambassador Pak Gil-yon,
Permanent Mission of the Democratic People's Republic of Korea to the United Nations in New York
820 Second Avenue, 13th floor
New York, N.Y. 10017
United States of America
ファックス: 1 212 972 3154
Eメール: korea@un.int

[朝鮮民主主義人民共和国 李哲 駐ジュネーブ国連大使]

His Excellency Mr. Ri Tcheul, Ambassador
Permanent Mission of the People's Republic of Korea to the United Nations in Geneva
Chemin de Plonjon 1
1207 Geneva
Switzerland
ファックス: 41 22 786 06 62
Eメール: mission.korea-dpr@ties.itu.int

[駐日代表機関]

102-8138
東京都千代田区富士見2-14-15
在日本朝鮮人総聯合会 御中
info@chongryon.com

ただちに嘆願書を送ってください。

(嘆願書例文)


金正日委員長閣下
貴国の国境警備兵2人が、すぐにでも処刑される恐れがあるという報告に憂慮を表明いたします。
2人の処刑を停止し、さらにすべての死刑執行を直ちに停止して、貴国の法律で死刑が廃止されるまで死刑執行を行なわないことを貴国政府に求めます。
『市民的及び政治的権利に関する国際規約第二選択議定書』を批准するよう貴国政府に要請し、残忍で非人間的な究極の刑罰である死刑の廃止を目指すよう求めます。

Dear Chairman:
I am writing to express my concern at reports that two DPRK border guards are at risk of imminent execution.
I would like to ask your government to halt the executions, and also ask an immediate moratorium on all executions pending the abolition of the death penalty in DPRK law.
I sincerely call on your government to ratify the Second Optional Protocol of the International Covenant on Civil and Political Rights, aimed at the abolition of the death penalty, which is the ultimate form of cruel and inhuman punishment.

Yours sincerely,



上記AI文書の英語原文


PUBLIC AI Index: ASA 24/001/2007

15 February 2007

UA 37/07 Imminent execution

DEMOCRATIC PEOPLE'S Two male soldiers (names unknown)
REPUBLIC OF KOREA
(NORTH KOREA)

Two North Korean soldiers have reportedly been sentenced to death for helping North Koreans to make unauthorised visits to China. Their execution could be carried out any time after 16 February.

The two men, an officer and a sergeant, were apparently the commander and vice-commander of a border guard post near the town of Hoeryong in North Hamgyong province. They were arrested following an investigation by government investigators into the flow of North Korean nationals crossing the border into China.

The executions of the two men were reportedly scheduled to be carried out in mid-January 2007, but sources suggest that they have been postponed until after the birthday of North Korea's leader, Kim Jong-il, on 16 February, which is a national holiday. It is thought that the two men could be executed in the days after 16 February. It is not known if their execution is likely to take place in public or in secret.

BACKGROUND INFORMATION
Acute food shortages in North Korea have forced thousands of North Korean nationals to flee across the border into China’s north-eastern provinces. Under North Korean law, anyone who illegally crosses "a frontier of the Republic" faces up to three years in a political penal labour colony or "control and management place" (kwalliso). This law is in clear breach of Article 12 (2) of the International Covenant on Civil and Political Rights, to which North Korea is a state party, which states that "Everyone shall be free to leave any country, including his own". It is thought that North Korea's test of its nuclear weapons in October 2006 has also led to an increase in the flow of North Koreans to China.

The Military Security Control Centre of the North Korean People’s Army reportedly conducts indoor executions. Sources suggest that suspects face a public trial, and if found guilty, they are executed swiftly thereafter.


RECOMMENDED ACTION:
Please send appeals to arrive as quickly as possible, in English or your own language:

  • expressing concern at reports that two North Korean border guards are at risk of imminent execution;
  • urging the North Korean government to halt the executions, and calling for an immediate moratorium on all executions pending the abolition of the death penalty in North Korean law;
  • calling on the North Korean government to ratify the Second Optional Protocol of the International Covenant on Civil and Political Rights, aimed at the abolition of the death penalty, which is the ultimate form of cruel and inhuman punishment.

APPEALS TO:
Chairman Kim Jong-il
National Defence Commission
Pyongyang
Democratic People’s Republic of Korea
Salutation: Dear Chairman

COPIES TO:
Permanent Mission of
the Democratic People's Republic of Korea to
the United Nations in New York
Ambassador Pak Gil-yon
820 Second Avenue, 13th floor
New York
N.Y. 10017
United States of America
Fax: + 1 212 972 3154
Email: korea@un.int

Permanent Mission of
the People's Republic of Korea to
the United Nations in Geneva
His Excellency Mr. Ri Tcheul, Ambassador
Chemin de Plonjon 1
1207 Geneva
Switzerland
Fax: + 41 22 786 06 62
Email: mission.korea-dpr@ties.itu.int

and to diplomatic representatives of
Democratic People's Republic of Korea (North Korea) accredited
to your country.

PLEASE SEND APPEALS IMMEDIATELY.


付記

ほぼ同内容の文書が、UAセンターのHP
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1004
に掲載されています。