※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本型フリーランス・2

「天賞堂のCタンク」
厳密には日本型ではないのですが、日本に輸入された米国製古典機の要素を凝縮したデザインとも言えます。
ボールドウィンを名乗っていますが、ピッツバーグです。
1897年に日本に輸入され、後に国鉄1350形となったピッツバーグのCタンクが基になっています。
天賞堂が1956年に製造販売を始めた同社のロングセラー製品ですが最近は見かけません。
私が小学生の時に銀座・天賞堂で購入した最古参の蒸機です。
カプラーは日光のベーカーに交換され、モーターは交換の為に降ろしてあります

こちらは1971年頃に購入した同製品です。

「鉄道模型社のCタンク」
真鍮ドロップの動輪のスポークが抜けていない初期の製品です。
オリジナルのモーターは不調の為にDV18系のモーターに交換してあります。
ナンバーは「1」を付けていますが私の1号機ということではありません。
現在はしぐなす機関区でメンテナンスを受け、動態保存委託をし、入れ替え仕業に就いています。



「家畜車」
エアフィックスのOOスケールの家畜車の下回りを改造してあります。
軸受けは篠原製を使用したので時代設定がちぐはぐです。十代半ば頃の工作です。
中央の扉は上半分は左右に開き、下半分は下に開きホームとの渡り板になります。

「三等車」
ペーパーの自作客車で、軸受けはホワイトメタルのパーツを使用しています。十代半ば頃の工作です。

TOP

INDEX


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆