※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラウンの貨車

「NYC・ボックスカー」
小学生の時(昭和39年頃)に地元の教材店で購入したクラウンのNYCボックスカーです。
下回りを改造用に使ってしまいましたが、 後年、アサーンのパーツ等を利用して再生させました。

クラウンのNYCボックスカーについて→HO鉄道模型
クラウンのCB&Qカブースについて→カブース・1

クラウンの貨車について記されているサイト
シグナルズ→http://homepage2.nifty.com/signals/
WORKS-K→http://works-k.cocolog-nifty.com/photos/garakuta/dscf4499a.html

タイムカプセル

2008年7月。
シグナルズさんに発注してあった荷が届きました。
ワクワクしながら開封。
小学生時代にタイムスリップできました。

これはクラウンの貨車について調べていた際に
シグナルズさんのサイトでクラウンの貨車についてのコンテンツが掲載されていたのを見てメールを送ったところ、
お譲りいただけることとなったものです。

(梱包は丁寧です。撮影の為に緩衝材を取り除いてあります。)







(↓オマケの破損車)

「CB&Q」 (CROWN完成品・未加工)

「UP」 (CROWN完成品・未加工・ブリスターパック無し)

「MP」 (CROWN完成品・未加工・ブリスターパック無し)

「EJ&E」 (CROWN完成品・未加工・ブリスターパック無し)

「L&N」 (CROWN完成品・未加工・ブリスターパック無し)

「MOBIL」 (CROWN完成品・未加工)

「REPUBRIC」 (CROWN完成品・未加工)

「SHELL」 (CROWN完成品・未加工)

「TEXACO」 (CROWN完成品・未加工)

「UNION」 (CROWN完成品・未加工)

全国の模型店で見られたダイキャストのアーチバー台車です。

N.J.INTERNATIONALのオイルデリックは協同ライト製造です。

クラウンの貨車は出来るだけオリジナルを残しつつ運転のための加工を行います。→マイルトレイン
1・カプラーをケーディーに交換。
2・車輪を金属製挽物車輪に交換。
  軸穴はプレーン軸仕様ですので、若干浚ってピボット軸が入るようにします。必要に応じ台車も交換。
3・塗装・レタリングの剥離・カスレ・ズレ等のタッチアップ。
4・鉄製部品の塗装。
5・ウェイトの軽量化は未実施です。

加工後の画像
カブース→カブース・2
タンクカー→タンクカー・1
ボックスカー→未掲載
ゴンドラ→未掲載

運転会デビュー→運転会・2009・HO


クラウンの貨車の増備

縁あって、クラウンの貨車が少しずつ増えています。

「NYC」 (CROWN完成品・未加工)
小学生の時に購入したNYCボックスカーと同じものです。車番を変更します。

「TEXACO」 (CROWN完成品・未加工)
車番を変更します。

「TEXACO」 (CROWN完成品・未加工)
車番を変更します。

TOP

INDEX


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆