国際通り豚バラ事件

概要

バンボシュ某店であったとされるミステリーである。

事件の経緯

孔明、馬謖、仲達、姜維の四人は国際通り牧志店に入店した。
最初に孔明、仲達、姜維はルートビアを汲みに行った。
馬謖だけ豚バラを山盛りとってきていた。
他の三人はその時点で肉を取ることを思い出して再びボックス席から離れた。
三人が豚バラをとって帰ってくると馬謖は席で何者かに斬られて死んでいた。
そして驚いたことに最初にテーブルにあった筈の山盛りの豚バラが空になっていた。

状況

  • テーブルの下なども含めて店内は隈無く捜索されたが豚バラは見つからず。
  • 網に使われた形跡がないために誰かが焼いて食ってしまったという線はまず考えらない。
  • この時間帯の店内には孔明、馬謖、仲達、姜維の他に客はいなかった。
  • 店員の証言により彼らのボックス席に近寄った人間はいないという。
  • つまりボックス席は完全に密室状態だった。

容疑者達の証言

姜維「私が一番最初にテーブルを離れました。その時は豚バラはまだテーブルの上にありました」
  「テーブルに戻ったのは三人同時でした。みんな豚バラだけを同じ量だけとってきていました」

仲達「私がテーブルを離れたときも馬謖の豚バラはちゃんとありました。ですのでこれはきっと孔明の罠かと」

孔明「私が泣いて馬謖を斬ってからテーブルを離れたので馬謖が豚バラを食べたり隠した可能性はゼロです」
  「確実に死んでいるのを確認しました。その点は間違いはありません」

店員「肉コーナーに肉が戻された形跡はありません。ええ、ちゃんと数えていますから」
  「全員が肉をとっている場面を目撃しております。すべて豚バラでした」

消えた豚バラの謎

警察はここまでの捜査でこの事件に犯人が不在であるということに大いに頭を悩ませている。
馬謖が死んでいたとなると密室状態であるボックス席に置いてあった豚バラに手を出せる人間は皆無である。
まさに不可能犯罪としかいいようがない事件だ。

消えた豚バラの行方は?
この凶悪事件の犯人は誰だろうか?そしてその動機は?
ここまでに状況証拠はすべて揃っている。ぜひ君に推理して欲しい。
  • 犯人は孔明じゃない? -- てっちゃん (2012-01-25 21:00:50)
  • 店員が犯人。理由は豚バラの数なんか数えないから -- てっちゃん (2012-01-30 21:14:11)
  • 犯人は馬謖 -- ちゃんらぼ (2012-01-30 22:10:16)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。