沖縄そば


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

沖縄そば(丸安そばで撮影)

概要

沖縄で発展した中華そばの一種。
うどんの従兄弟ともいえる。
どちらともとれる麺料理。

メニューとしての沖縄そば

沖縄そば屋でいろいろの沖縄そばのメニューがあって、その中の沖縄そばという場合は、三枚肉の乗ったタイプの沖縄そばであることが多い。
ソーキが乗ったのはソーキそば。テビチが乗ってるのはテビチそば。
といった具合である。他にも宮古そばなどいろいろある。

バンボシュの沖縄そば

バンボシュの沖縄そばは、みそ汁のおわんに湯で置きの麺がひとつかみ入っていて、カピカピになった奴。
これを温めなおして熱いダシをかけて食べる。さっきまでカピカピだったのにいきなり蘇る。沖縄そばすげー。
紅しょうがとかネギとかの薬味も入れ放題なのが嬉しい。ダシの味もなかなか悪くない。

観光客目線で語るならば、もしよしんばバンボシュでしか沖縄そばを食べてなくても、「俺、沖縄に行って本場の沖縄そば食べたよー」と言っても大丈夫かと思われる。

おでんテビチを投入したらテビチそばになる……かもしれん。
ソーキそばにする方法は今のところ開発されていない。
たとえば豚バラをぶち込んで 焼き豚バラそば などという新メニューを考案してみるのも一興かと。
沖縄そばは自由であって良い。

お椀に入っているのが一般的なバンボシュの沖縄そば。(国際通り牧志店にて撮影)


関連項目


外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。