※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下に住み易さのルールをまとめておきます。
ご参考までに。


L:家周りのルール={

t:家の下取り = 家を売却することでその購入代金の50%を手に入れることが出来る。
t:住みやすさ = 家の住みやすさは3で割った数字分、生活ゲームでの燃料消費を代替えすることが出来る。

L:住みやすさ = {

t:住みやすさ = 住居の住みやすさを表す数字で、評価値で与えられる。通常、初期は0で、家具を買うことなどで上昇する。

t:AIの機嫌への修正 = 住みやすさが高いほど、住んでいるAIの機嫌がよくなる。
t:友情愛情評価への修正 = 住みやすさが高いほど、その家の中で行う生活ゲームに限り、プラス評価が得やすくなる。これは家の住人だけでなく招いた客にも適用される。
t:家のプロモーションへの修正 = 家をプロモーションする場合、必要なマイルから(住みやすさの値÷3)を引くことができる。
t:家の下取りへの修正 = 家を売却した際、購入代金は50+(住みやすさの値)%となる。ただし、上限は70%とする。
t:燃料消費への修正 = 家の住みやすさを3で割った数字分、生活ゲームでの燃料消費を代替えすることが出来る。

L:広い家={
t:定義=一世帯あたりの床面積が200m2以上
t:特殊={
 *初期状態で住みやすさが+10される。
 *家具やアイテムを配置するスペースが広く取れる。
 *以降+50m2ごとに住みやすさが+2される。
 *一世帯あたりの床面積が300m2以上の家は自動的に ”この家は広すぎるため掃除の手間がかかる。定期的に掃除をする、メード雇う、もしくは掃除補助家具を手に入れるんなどしないまま放置すると大変なことになる”という特殊がつく。
 *その効果は以降、家の広さが+100m2ごとにさらに強化される。

#複数世帯で住む場合200m2以下でも共有スペースなどの広さに応じ【広い家】とみなされる場合がある。
#床面積が200m2以上でも店舗など住居としてみなさない部分は広さに含めない。




L:住みやすさ={

t:家が住みやすい = 側面:住んでいるAIの機嫌がよくなる。
t:住んでいるAIの機嫌がよくなる = 側面:仲がよくなりやすい。
t:住みやすいと仲がよくなりやすい = 住みやすさが高いほど、その家の中で行う生活ゲームに限り、プラス評価が得やすくなる。これは家の住人だけでなく招いた客にも適用される。

t:家が住みやすい = 側面:より良い家になる可能性を持つ。
t:より良い家になる可能性を持つ = 側面:プロモーションがしやすい。

t:家が住みやすい = 側面:価値がある。
t:家に価値がある = 側面:中古として売ったとき高く売れる

t:家が住みやすい = 側面:燃料源を持ち、資材や燃料の備蓄がある。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|