※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成日:2007.0726水
更新日:2009年12月28日03:57:12




通称やめ六

【スカトロ】福島県立医科大がたいへんなことに★2【SM】 http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1185126178/l50
334 名前: 副社長(福島県) [] 投稿日:2007/07/23(月) 03:04:20 ID:/JSC9p3z0
もうマジで個人情報とか調べるようなこと聞くのやめてください!
困ってるんです!俺らが悪かったですからもう写真とかやめてください
本当にもうしませんから俺らも場の乗りでやったんですよ!

519 名前: 船員(福島県) [] 投稿日:2007/07/23(月) 03:13:44 ID:/JSC9p3z0
お前らマジで馬鹿じゃねーの?!不正アクセスで逮捕されるからな!
コレだけさわぎやがってやめ六つってんだろうが!糞野郎どもが!

654 名前: 船員(福島県) [] 投稿日:2007/07/23(月) 03:20:05 ID:/JSC9p3z0
糞が絶対訴えてやるからな!俺は本気だからな
早写真とか消せよ!マジでお前らうったえるからな!
こんなもんやりたくてやったわけじゃねーんだよ!ボケが!

706 名前: 船員(福島県) [] 投稿日:2007/07/23(月) 03:23:36 ID:/JSC9p3z0
 >>678
写真ばら撒くのやめろっつってんだよ!阿呆が!馬鹿じゃねーの?!
なんなんだよお前等、不正アクセスしやがってオまけに人様の写真ばらまきやがってよ!

881 名前: 船員(福島県) [] 投稿日:2007/07/23(月) 03:34:35 ID:/JSC9p3z0
もうやめよう 俺も悪かったしお前らも悪かった
だから終わりにしよう、俺らも宴会の席で酒も入ってたし、そういう時あるだろ?
これ以上やっても意味無いよ 無意味

946 名前: 船員(福島県) [] 投稿日:2007/07/23(月) 03:40:18 ID:/JSC9p3z0
もうやめろよ!絶対訴える もう決めた 明日速攻で訴える
お前等は全員逮捕されろ糞どもが しねボケ


692 : 派遣の品格(福島県):2007/07/24(火) 22:07:16 ID:7TJuIM7u0
しね糞どもが!どうすんだよニュースに出たじゃねえかよ!
不正アクセスも決まったしなお前ら全員逮捕されるぞ!ざまあみろ!
俺は絶対訴えを取り下げないからな もう謝ってもむだだからな
アレだけ忠告したのにお前らがやり続けたのが悪いんだよ。




【ネット】 “患者侮辱ネタも?” 医大のSM宴会写真流出で騒動…福島県立医科大学★5 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1185271333/l50
662 :名無しさん@八周年 [sage] :2007/07/25(水) 00:06:57 ID:CrTrT4un0
おまいらもう完全に威力業務妨害してるわ
完全にアウトだな
警察が動いてるかも知れんぞ
近いうちに、警察が来るかもな
覚悟しといたほうがいいかも




電話突撃の結果


探偵ファイル~スパイ日記~/お医者さんだってハジけたい ~福島県立医大忘年会画像流出!~/特捜班 http://www.tanteifile.com/diary/2007/07/24_01/index.html

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 メール: 投稿日:2007/07/24(火) 14:52:28.68 ID:PuYNE3100
とりあえずまとめる。

しばらくして例の総務のOさんへ繋がる。階級は参事?とかいう課長クラス。
今回の件に関しての全責任を負っているらしい。
いろいろ話して切れたりもしてみたが、要点をいくつか挙げる。
結構ニュアンスで表現しているから、正確ではないのを先に言っとく。

今回の状況は認識しているのか?
「ネットや2ちゃんねるで、簡単に検索したらすぐにわかる状況になってますね。
 現在は調査をしております。」

どこまで調査は終わったのか?
「実は・・・してないんですよ。あれは忘年会ですからね。
 プライベートな事ですし、何かを言うようなものではないですから」

担当者は?
「記事を書いてすぐにやめました」
いつです?
「・・・2002年です」
2003年にも同じような画像がありますけど?
「・・・・・・・・・・・」
嘘つきましたよね?
「失礼しました」


421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 メール: 投稿日:2007/07/24(火) 15:00:00.58 ID:PuYNE3100

嘘ついちゃダメですよね
「すいません」
誤魔化すつもりですか?
「・・・・・」

今の担当者の名前は?
「それはちょっと・・・」

先ほどの話に戻りますが、新聞記事やテレビもご存知ですか?
「・・・・・」
かなりたくさんのメディアで取り上げられてますよ?
「そうですか」
学生がやったのか、医者がやったのか
「医者です」
学生と書いてある記事もありますけど?
「・・・・・」
訂正はされないんですか?
「・・・・・」
学生を守る気はないと?
「・・・・・」

県民に謝る気もないと?
「それはですね、先ほども言った通りの忘年会ですし、流失したものでして」
忘年会ならおkなんですか?じゃあコムス●が老人介護の現場をネタにして
忘年会をやっていても何も思わない?世間はそう見ないでしょ?
「・・・・そうかもしれません」


428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 メール: 投稿日:2007/07/24(火) 15:02:01.63 ID:PuYNE3100

公式な謝罪は?
「ですから、本当に申し訳なく思ってます」
だから、公式な謝罪はしないと?電話で謝罪のみ?
「・・・はい」

公式に謝罪しない限りおさまりませんよ?
「・・・・・・」
学生が可哀想だとは思わないんですか?
「・・・・・・」


あなた方では話が通じないようですので県庁にでも電話してみます。
「ちょっ!!!それは や め 六 !!!!!!!!!」



あなた方では話が(ry県庁(ryす。
「・・・・・」


453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 メール: 投稿日:2007/07/24(火) 15:07:50.09 ID:PuYNE3100
電話中のある1コマ。俺が延々と危機管理について語っているとき

僕、間違ったこといってますか?
「・・・・・」
間違ってます?
「いえ、 お 話 は 伺 っ て お り ま す 」

いや、だから、それは、伺ってくれてるのはわかってますよ
で、間違ってませんよね?
「はい]

それでも謝罪しないと?
「・・・・はい」

もうね、マジで呆れたわ。可哀想だったけど、途中からかなり俺もむかついてきた。



写真の写り主

福島県立医科大学医学部 http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1185132489/l50
24 :大学への名無しさん [sage] :2007/07/24(火) 13:35:24 ID:6wGe03As0
名前ばれちゃった...
こいつら医学界永久追放!


司会の鹿山先生
会場風景
↑とにかく照明が暗かった
看板の文字も小さめでした
左は添田同門会長、右は菊地教授
鳥越先生による新人紹介
佐藤助教授の御発声により乾杯
2001年のMIP
関口先生と5w看護助手の丹野さん
当直大賞
新人の渡辺先生
豪華商品をかけてのゲーム大会突入
包帯まきまきしています。
菊地教授がtopで終わりそう 知恵の輪です
忠先生、既にクリア
お絵書き お題は「ドラえもん」
菊地教授の絵のすばらしさには定評がありますが、、、
作:菊地臣一教授 作:菊地忠志先生
優勝は黒澤玲子先生でした おめでとうございます
5西病棟Ns.他による余興
このあたりは、可愛らしくてヨイのですが(除:左端)、、
やはり男性が入るとこんなんなるんですなぁ(笑  
一本締め


647 名前: おくさま(福島県)[] 投稿日:2007/07/24(火) 21:35:08 ID:ZrWXcigc0
はじめまして。
女王様の元同級生です。
いつごろの同級生かはご勘弁。

あのぽてっとした唇なんかをみると、浩子さんで間違いないと思いますが、
名字が微妙ですね。

「S木さん」だったように記憶してまつ。
現在は、大学病院にはいないはず。

つねに高飛車な態度をとるので、
コメディカルからきらわれてました。


662 名前: おくさま(福島県)[] 投稿日:2007/07/24(火) 21:47:14 ID:ZrWXcigc0
パンツの色はわかりませんが、
38度以上の発熱があった中での熱演だったとお聞きしました。

やたらとお名前が挙がっている「Tぐち」さまと同一人物かどうかはわかりません。
その後、ご結婚されているかもしれませんし。
少なくとも当時は「S木」さんでした。

本日は、間違いなく大学病院にはご勤務なされていません。

別の病院にいました。


671 名前: おくさま(福島県)[] 投稿日:2007/07/24(火) 21:52:24 ID:ZrWXcigc0
今日現在、大学に在籍している関係者も多数います。


当時の某医局の忘年会には、病院関係者以外(企業系)が多数参加していたので、
その中で思わぬ出会いがあったと思ってください。


患者を愚弄して楽しんだ、素敵なパーティの主催者の
菊池さんて、県立医大の副理事長なんだよね。


素晴らしい大演説も沢山ある。でも、本音は、まるで正反対ってわけ。
どうやてって二枚舌を使い分けているかの素敵な実例が、このパーティ。

医学部長もやってるし。今は、副理事長という県立医大の責任者が
本心では患者のことをゴミとしか見ていないってこと。素晴らしいね。


493 :名無しさん@八周年 :2007/07/24(火) 22:52:39 ID:6KBqbCjB0
浩子先生苗字が変わったってことは
結婚してるんだよね。
旦那さんこのこと知ってるのかな。
それとも一緒にスカパー参加してた人?


161 :名無しさん@八周年 :2007/07/25(水) 13:23:15 ID:ZPwqoSPd0
福島県立医大は、「私的な宴会」だと主張しているが、
大学の名前を使って製薬会社に招待状を出しているのだがね。

いったい、どういう調査をした上での判断なのかい。
そもそも、調査をすると揉み消せなくなるから、調査を拒絶しているくせに。

写真を見ただけで、薬を納入している製薬会社社員の姿が何人もある。
準備にも製薬会社社員がかかわっている。
彼らは手ぶらでやってくるのかい?
彼らの労働力の対価は支払ったんだろうね。

調査さえすれば、必ず犯罪事実が出てくる状況だぞ。


公立大学法人福島県立医科大学附属病院 外来診療担当医表 http://www.fmu.ac.jp/byoin/03gaiyo/pdf/0307sinsatutanto.pdf
が7月24日に更新され、SMショーの女王様役の福島県立医科大学整形外科 田口浩子医師の名前が外来から消された。しかし、ファイルの更新日は7月12日となっている。



茂呂貴知

サーバーに件の画像をアップロードした元管理者
  • 平成7年 福島県立医大医学部卒業
  • 白河厚生総合病院 整形外科専門医・リウマチ医・脊椎脊髄病医



福島県立医科大学出身の研修医がmixiで開き直る


アキラ
う~ん・・・いま一つ報道のされ方について理解に苦しむ。
ひとつは'02年のことだとういうこと。
もう一つは内輪での宴会の余興だったとういうこと。

一般企業ならば、セクハラとかアルハラとかが問題になりそうなところを
医者だからモラル?よくわからん。
直接的に侮蔑しているわけでも大衆の面前でやっていたわけでもなかろうに・・・。
何か別な意図(逆恨みのような)があるんじゃないかと勘ぐってしまうね。

to あおPへ
気にするな。どうせ医者だろうと医者じゃなかろうと
宴会の席なんてのは世間に公開できるものじゃないし、
それを問題にするほうもおかしい。



忘年会の目的


医局員と自宅で会食している時に忘年会の話になりました。(中略)
ところが、医局員から、「普段御世話になっているMRやディーラーの人達に酒を注いで、
お礼を言う機会は仲々無い、やはりこのシステムは続けるべきだ」という言葉が複数の人から出ました。
(中略)
忘年会という手段を通じて何かを達成する為に忘年会はあるのです。その目的とは、この会を通じて
人の輪を広げ、公私共により円滑な人間関係を築き、その結果として自分の人生が精神的にも物質的にも
より豊かになることにあるような気がします。
(後略)

この教授はこんなスカトロSM寸劇をすると人間性が豊かになるとおっしゃっています。


平成 2年 福島県立医科大学医学部整形外科教授
平成14年 福島県立医科大学医学部附属病院副院長
平成16年 福島県立医科大学医学部長
平成18年 福島県医師派遣調整監就任
      福島県立医科大学副理事長(医療担当)兼附属病院長
平成19年 日本脊椎脊髄病学会理事長



吉野泰啓

23 :卵の名無しさん :02/10/06 00:44 ID:UWNA48wF
http://www.fmu.ac.jp/home/surgery1/index.html
おいおい、第一外科のHPってこの吉野が更新作業してたみたいね。
一番下にメアドと名前載せてるから。

50 :卵の名無しさん :02/10/08 01:34 ID:NB6Z9vli
今日の付属病院は大騒ぎでした。
茄子たちが「吉野先生って不潔っ!」、石たちは「吉野先生って(以下略)・・」
って感じでした。
病院の事務方は後継人を手配するのに必死です。


http://www.app-jp.org/news/2002/10/10-05-4.html
■強制わいせつで医師逮捕=福島
[時事通信](2002年10月5日)
路上で女性の体に触ったとして、福島署は5日、福島市大森、福島県立医大病院医師Y容疑者(43)を
強制わいせつの現行犯で逮捕した。調べによると、Y容疑者は同日午前3時ごろ、福島市早稲町の路上で、
帰宅途中の女性に背後から近づき、体に触れるなどのわいせつな行為をした。110番で駆け付けた同署員らに
取り押さえられた。同容疑者は当時、酒に酔っていた。

http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_10/3t2002100515.html
強制わいせつの43歳医師を逮捕-福島
路上で女性の胸触る
 福島署は5日、強制わいせつの現行犯で、福島市大森唐橋、福島県立医大医師の吉野泰啓容疑者(43)を逮捕した。
 調べでは、吉野容疑者は5日午前3時ごろ、福島市早稲町の路上で、仕事を終えて徒歩で帰宅途中の同市内の女性(32)に背後から近づき胸などを触った。女性が110番し、駆け付けた福島署員が取り押さえた。
ZAKZAK 2002/10/05

強制わいせつの医師を停職処分に-福島
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_11/2t2002113011.html
福島県は29日、強制わいせつの現行犯で10月に逮捕された福島市の福島県立医大男性医師(43)を
同日付で停職3カ月の処分にしたと発表した。医師は既に辞職願を出して受理されている。
福島署の調べでは、医師は10月5日午前3時ごろ、福島市早稲町の路上で、
仕事を終えて徒歩で帰宅途中の女性に背後から近づき胸などを触り、
駆け付けた福島署員に取り押さえられた。県によると、女性とは示談が成立しているという。

助手 吉野泰啓(よしの やすあき)福島県立医科大学 1984年卒
小児外科(小児外科一般)
主な論文:
吉野泰啓,津川力,西島栄治,他:Anterior Cricoid Splitによる声門下腔狭窄症の治療.日小外会誌,27:195-198,1991.
吉野泰啓,金沢幸夫,佐藤志以樹,他:新生児用ECMO装置における抗凝固剤の実験的検討.日小外会誌,30:85-93,1994.
吉野泰啓,金沢幸夫,伊勢一哉,他:バイオポンプを用いた新生児用ECMO回路の試作.日小外会誌,36:1027-1033,2000.



福島県立医科大学医学部整形外科 菊地臣一 病院長


113.医師としてのマナーを身に付ける前に、先ず社会人のマナーを
また人事異動の季節がやってきました。医局員の交替で、多くの医局員が出たり入ったりします。以前にも書きましたが、出ていく時には出ていく時の挨拶、戻って来た時には戻って来た時の挨拶が無い人が、以前ほどではありませんが、なお見られます。やはりこれは社会人として失格です。同じ様な事をY医大の教授も書いていますが、「勤務交替の挨拶が今もって無い。これは礼儀の問題だ」と叱り飛ばしたという事が、同門会誌に書いてあります。どこの大学でも同じ様な問題で困っているようです。

考えてもみて下さい。一般社会で転勤があった時には、転勤先および現在まで所属していた組織には、「色々とお世話になりました。有り難うございました」という挨拶をもって出発し、赴任先では「宜しくお願い申し上げます」という挨拶をするのが普通です。それで初めてコミュニケーションが成立する訳です。挨拶をしないという事自体は取るに足らない事です。でも世の中はこの取るに足らない事だけで、その人間を評価してしまうのも事実です。

前にも書きましたが、素晴らしい才能を持ち、いい人柄であっても、2・3回遅刻をすれば、「あいつはだらしがない」というレッテルを張られてしまいます。そのレッテルは独り歩きし、ついには何かの選択をする時に、それが基準の一つになってさえしまいます。その人間にしてみれば、そんな理不尽な事は無いと思いますが、逆にそれでは相手が遅刻をした時に、我々は彼は何故遅刻をしたのか真剣に事情を斟酌したり、聞いたりするでしょうか。否です。世の中これだけ忙しくなると、一つの事でもって全体を評価してしまう事もまた、やむを得ない事実なのです。簡単な挨拶だからこそ、おろそかにしてはいけないのです。

M医大の教授も同門会誌に「社会のルールを守ろう」と書いています。医者はどうも共同での社会生活を行うのに不適格で、わがままで、勝手気儘な所が目立つように思う。独り善がり、且つルールを守らない、そういう人が医者になったのか、医者の環境でそうなったのかは分からないが、先ず一社会人として出発する事が肝要ではないか」と述べています。まさにその通りだと思います。

S医大の教授は、やはり同門会誌に嘘のような話を載せています。「研修医が、研修先で派遣先病院の公式行事に加わらないで、車洗いをしている。5時過ぎは家族サービスタイムなので帰して欲しいと院長に申し出る。手術適応のなさそうな新患にはもう二度と来られないようなムンテラをする。検査や手術の前に不可欠なインフォームドコンセントを省略する。MRIなどの高価な補助診断法をどんどんオーダーし、患者の懐は考えない。患者から聞かれない限りはその結果を説明しない。手術は執刀させよと迫るが、術後のベットサイドには近づかず、医局や詰所で雑談している。朝夕の病床巡りをしないし、適切なオーダーが出来ない。要するに全身全霊を傾けて診療していない」という苦情が派遣先の院長より教授に申し入れられたそうです。

Y医大の教授は、「週1回の出張診療の医師が、何時の間にか変わっている。挨拶もないから病院は分からない。教授としてきちんと躾をすべきではないか」という苦情が関連病院から申し入れられたそうです。やはり医師である前に、社会人として行動すべきなのではないでしょうか。



番外 医者のパワーハラスメント

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/series/mr/200509/398903.html
(要会員登録)
【連載第19回】
ゴルフコンペで忌わしい出来事を味わったMRの物語 ゴルフに行くたびにS次郎はあの忌わしい出来事を思い出さずにはいられない。

 S次郎がゴルフを始めたのは大学時代の3年の時だった。ゴルフクラブは父親のお古の払い下げのビッグバーサであったが、年に2度ほど父親のおごりで家族コンペが行なわれ、それに参加したのが筆降ろしとなった。
 S次郎は高校時代に高校球児であり、小学校時代からリトルリーグに入り、野球をやってきたので、ボールを打つことには自信があったが、なぜかゴルフはなかなか思うようにいかなかった。
 そんな時、父親に言われた言葉をいまだによく思い出す。「野球は生きたボールを打ち返すが、ゴルフは死んだボールに命を与えて飛ばすので難しいのだ」と。
 MRになってからは、同期の連中と年2回ほどゴルフコンペをやっており、その時でも飛距離はだれにも負けないが、スコアはどうもうまくまとまらず、優勝できない状況であった。
 MRになって5年目の春、転勤で広島支店に配属され、その担当病院の中に、ゴルフ好きの医療法人の院長先生がいた。
 その医療法人は90床ほどの第2次救急病院で、年2回院長先生主催のゴルフコンペが行われているとのことであり、前任者もなぜか笑いながら「楽しいコンペだよ」と引きついでくれた。
 引継ぎの挨拶に院長先生を訪問すると「君もゴルフをするのかね。ぜひ次のコンペに参加してくれたまえ」と言ってくれた。
 いよいよコンペ当日になった。
 ゴルフ場は院長先生がメンバーになっている、Hカントリークラブであった。
 参加者は出入りの製薬メーカー並びに卸の支店長、病院の職員ら、総勢10組近い盛況であり、競技はダブルぺリア方式で行われた。
 S次郎は4組目のスタートで、同じ製薬メーカーのMRと一緒にプレーした。
 飛距離に自信のあるS次郎は、優勝はできないものの、ドラコンホールはものにしようと張り切っていた。
 アウトコース3番のロングホールとインコース17番のロングホールがドラコンホールに決定された。
 3番ホールでS次郎は渾身の力を込めてボールを打ったが、距離は出たものの、ボールはフェアウエイを大きく右にはずれ、OBにはならなかったもののドラコンの権利はなくなった。
 アウトコースのS次郎のスコアは55で、初めてのコースにしては良くできた方だと思いつつ、一緒にプレーした仲間とゴルフ談義をしながら昼食をとった。
 そんな時、ある卸の支店長が30台で回った情報が流れてきた。世の中には上手い人がいるものだと思いつつ、インコースのスタートに出向いた。
 午後は力まず自分のゴルフをしようと心に決め、臨んだが、スコアは思うようにまとまってはくれなかった。
 ドラコンコースの17番ではボールは的確にフェアウエイを捉え、前の組が立てていたドラコンの旗を大きく上回り、S次郎の名前を書いて、ドラコンの旗を差し込んだ。
 S次郎のこの時のスコアは108でまあまあかなと自分でも納得し、風呂から上がって表彰式に臨んだ。
 コンペルームには大きな優勝カップが用意されており、その他に豪華な賞品が用意されていた。
 院長先生の口より恒例のご挨拶があって、表彰式へと進んでいった。優勝者は午前中に30台をマークした、卸の支店長でスコアは78だった。
 S次郎の成績は15位となり、トビ賞をゲットできたのと同時に、17番ホールのドラコンも手に入れることができた。
 その後に恒例の優勝セレモニーが行われた。
 まず最初に優勝カップにビールが注がれ、次に院長先生が後ろを向いて、その中にオシッコをし、さらに院長先生の男性自身を浸して、優勝カップカクテルができ上がった。次に優勝者がそれを一口のみ、順番に回しのみをするのである。
 いよいよS次郎のところに優勝カップは回って来た。
 S次郎は目をつぶって一気にそれを飲んだ。
 味はビールと変わらなかったが、何とも言えない違和感を覚えた。でも周りの連中は大騒ぎの状況であった。
 これがこの先生のしきたりなのだと思って我慢した。