Zwei Wirklichkeit

ツヴァイ・ヴィルクリヒカイト

あらすじ


「俺達は現実に生きている。どれだけ憧れて求めても、幻想にはなれないんだよ」

狂の“座”が消え、女神の抱擁に包まれた世界。

黄金の獣は友との誓いを胸に。
焦熱と閃光の戦姫は高潔な軍人として。
淫婦は母であることを望み。
地星は魔女として果てた己を知ることなく。
薔薇と少年しょうじょは血の嵐に酔いながら。
邪聖は薄桃色の微風を求める。

そして麻薬の名を持つ執行官は……

Dies irae Acta est fabula――終幕した歌劇の後に始まる新たな現実と物語。


各々が各々の今を生き、流れ過ぎ去り全うする。
それこそが人間。それこそが生に真摯であること。
二人の斬首官が交わした言葉の通りに世界は回り、完結する。
だがそこに嘆きはない。
なぜなら彼らが囚われていた永劫の牢獄は消えたのだから。
世界は無限に繰り返される既知ではなくなったのだから。

それこそが女神の采配。
それこそが刹那を愛した彼への祝福。
彼女の愛で包まれた新世界で、第二の現実が幕を開ける。

「日本へ行きたまえ」

黄金が告げた言葉の真意は何だったのか。

「テレジアが、きっと待っているだろう」


スタッフ


発売日:2010年4月23日
価格:3,990円(税込み)
仕様:CD3枚組/ブックレット一冊(20P)
年齢制限;全年齢対象

備考

『Dies irae ~Acta est Fabula~』のサントラ『Neuen Welt Symphonie』に
収録された玲愛ルートの後日談スペシャルドラマ。
そのためクリア後でないとネタバレ必須の内容となっている。



名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。