※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タメG

GWのレギュラーセット第22弾「武神降臨」に収録され、また「ブースタードラフト十字勲章」として配布された、特殊Gの総称。
他、「コインG」などと呼ばれる事もあるが、オフィシャル曰く「一言で表すならば“タメG”といったところでしょうか」とのこと。

テキストが
(自動A):このカードは(色)国力Xを発生する。さらに敵軍効果では破壊されない。Xの値は、このカードの上のコインの個数+1とする。
(自軍配備フェイズ):《R》手札にあるユニットとコマンド以外のカード1枚を、表にしてから持ち主の本国の下に移す。その場合、このカードの上にコイン1個を乗せる。この効果のプレイは、Gのプレイとしても扱う。
で統一されている。

簡単に言えば、手札のキャラクター・オペレーション・G・ACE(+GWフォーマットではさらにグラフィック)を国力に変換する効果である。
GWにおいては、手札にGなどが無くても余分なキャラクターやオペレーションを戻しつつ国力を伸ばす事ができたり、混色デッキでは別色の国力を発生するカードを変換する事で色国力のバランスの調整にもなるなど、事故の防止に非常に役立つ。
またコインを乗せずとも通常の基本Gと同様に1国力は発生するので、普通のGと同じ感覚で使う分にも問題ない。

その他、地味ながらも、ライフポイントである本国の枚数が1枚増えるという副次的効果も見逃せない。単純な延命効果としてはもちろん、「回復カードやコンボパーツがデッキの底にあったのでアクセス不可能だった」という状況の回避もできる。
さらに、敵軍効果では破壊されない効果も持っており、GWにおける特殊Gの天敵「貴族主義抵抗派」に対しての耐性を持つ。

ただし、コインを乗せる効果故にコインを除去されてしまったり、《R》コスト故にロール効果のカードに妨害されたりと、カード・アドバンテージを失う効果である。さらに発生する色が変えられてしまったり、バウンスカードを使われた際は大幅に不利な立場に陥いるなど、しっかりと弱点も存在する。

  • コインの種類は問われていない。
  • 「Xの値は、このカードの上のコインの個数+1」である。「Xの値はコインの個数で、国力X+1を発生する」などといった効果ではないため、コインが0個の場合でも「X=1」となり、効果を解決する事ができる。

関連