The Last 10-Second


概要

The Last 10-Second は、ウェザーニュース (外部サイト)が開発した、「緊急地震速報」を受信するソフトです。
「緊急地震速報」受信時に、現在地までの到達予想カウントダウンと予測震度を知ることができます。
P2P地震速報のユーザーの中でも、このソフトと併用して使っている人も多くいます。
2012/04/20現在の最新版はv2.4.2.0です。
更新履歴 http://weathernews.jp/quake/html/historytxt.html
v2.1.0.4からWindowsVistaにも対応しました。
Windows 2000 / XP / Vista / 7(32bit/64bit)対応済み


「緊急地震速報アラーム+ for The Last 10-Second」というフリーソフトもあわせて使うと
震度ごとの音量設定や通知音・音声合成の選択・通知時に指定のメールアドレスに
メールを送信する機能などいろいろ便利です。
PRCPプラグインなどで第○報から始まる情報はこのソフトのログを転載していることが多いです。

導入・使用方法

詳しい導入・使用方法は、http://weathernews.jp/quake/html/urgentquake.htmlなどを参照してください。



利用にはウェザーニュースの会員登録(月額315円)が必要です。
携帯で会員登録すれば「PCでもウェザーニュース」サービスにて
The Last 10-Secondも利用できウェザーニュースにクレカ登録を
しなくても良いので便利だと思います。
携帯で登録するメリットとして、台風情報・ゲリラ雷雨情報・天気予報などの
気象情報のメールサービスも自由に利用できます。

 「The Last 10-Second」のオススメ設定
 http://weathernews.jp/event/lst10s2009/
自分のとこが揺れそうな時だけ表示させたければ
推定震度のみ設定して最大震度とマグニチュードは[ - ]にします。

不具合について

このソフトは、まだ不具合が多いのが現状です。
不具合などがあれば2chなどでThe Last 10-Secondのスレ(2ch検索)を読んで下さい。