※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最初の0番、"愚者"のカードは、始まりを意味し、無限の可能性を示唆します。
つまり、人生の始まり、ですね。

"魔術師"は創造、そして積極性…だが、未熟さを表すカードでもあります。

"女教皇"は精神の成長と、それに欠かせない知識を与える存在。

"女帝"で出会うのは、母性とその生命力。母なる慈愛です。

"皇帝"は、それに対するカード。
父性を表し、統率や決断力を示します。

"法王"は寛容と精神性の充実。
宗教や精神世界との出会いを示唆します。

"恋愛"は、自分だけの物を選択すること。
やっと自我が出てきました。

"戦車"は勝利…ただし、ここで得る勝利はまだ若く、目に見える勝利を意味します。

"正義"はその通り、公明正大さです。
自分の中に善悪や理性が出てきたわけです。

"隠者"は探求者。
自分自身への内面、その奥深くへ入っていきます。

"運命"は人が干渉できない運命、その中で得る、自分の将来の決断。

"剛毅"は自分の意志と情熱。
理性を持った力として描かれます。

そして、一旦は身動きの取れぬ"刑死者"となり…

訪れる、精神の死。
13番目の"死神"のカードです。
これは、転機、ターニングポイントの
カードでもありますね。
古いものは終焉し、新しいものが生まれるのです。

では続けて、転機後の歩み。
"節制"は価値の対立の中で見出す調和。
異なる価値観に触れ、人は成長していき…

"悪魔"に象徴されるように、甘言と誘惑を受けて様々に迷いながら…

"塔"で、価値観が一旦崩壊します。
これにより、何も無くなったかに見えますが…

そこで見つけるのは希望と言う名の小さな光。
これが"星"のカード。

"月"に表されるように、不安を胸に、そろりそろりと進んで行き…

暖かい未来を得る…それが"太陽"。
真の意味での達成を表すカードです。

その旅の終わりに待ち構えるのは、"審判"。
歩んできた道を振り返り、裁かれる時…

そして最後の"宇宙"。
やがてたどりつく、あなた自身の場所です。

これがタロットの説く"人間"の成長ですよ。
|