※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

f:アルカランドカードを使いつつの突入 = {
  炎の壁、茨の壁で視界をふさぐため、狙撃が難しい
  蔦のロープで予想外のタイミング、角度から突入するため狙撃が難しい

#修正前
f:

炎の壁、茨の壁で視界をふさぐ=狙撃が難しい
蔦のロープで突入する=予想外のタイミング、角度から突入する=狙撃が難しい
長年のつきあいの是空と呼吸があってる=突入タイミングはばっちり

http://www10.atwiki.jp/porepole/pages/141.html

t(n3):狙撃対策を組み込んだ防御を行う = {
暴徒から効果的に身を護ると同時に狙撃に備えることが出来る
#狙撃対策
 側面 = 白兵戦を行っている間は相手と密着しているので、遠くからは狙撃しにくい。
 側面 = 狙撃銃は森の中の泥や砂漠の細かい砂による汚れで作動不良を起こしやすい。
 側面 = 狙撃手は一般的に生命維持の器官に命中しやすい胴体を狙うので、防弾チョッキなどを着込む
 側面 = 優れた狙撃手はおよそ1~2km先にいる目標を狙えるので、2km以内にある狙撃ポイントを警戒する。
 側面 = パトロールや偵察によって狙撃兵を発見する
 側面 = 狙撃兵の駆使する偽装、隠蔽、おとりの痕跡を追う。
 側面 = 狙撃用のライフルの備品は狙撃兵に合わせた特注品であることが多いので、そのルートから狙撃手を割り出す。
 側面 = 狙撃に使われる狙撃銃やアサルトライフル、弾薬の国外からの持ち込みを監視する
 側面 = 狙撃は待ち伏せして行われることが多いので、狙撃可能なポイントを洗い出してその地点を回避する
 側面 = 狙撃ポイントは隠蔽物が十分にあり、移動できる出入り口を供えている場所であることが多いので警戒する。
 側面 = 狙撃ポイントは目標のいる地域を十分視野に入れられる場所なので警戒する
#通常防御
 側面 = 地形地理や自然条件、建築物などを盾や目くらましとして使い、防御・回避を行う
 側面 = 予め攻撃が来る方向を予測しておき、遮蔽になるであろう物を見つけておく。
 側面 = 相手が攻撃してきた際は体全体を攻撃線からはずすようにして防御する。
 側面 = 回避するときは常に建物の壁を背にする。
 側面 = 遮蔽物や塹壕、地面のへこみなどを利用して直接敵の攻撃をくらわないようにする

t:狙撃対策を行う={
ACEへの狙撃対策をする
側面:ACEへの狙撃に関して警告が出されているので、狙撃の可能性があることをACEに伝えておく。
側面:藩国の地図から狙撃ポイントになりそうな地点を予測して警官のパトロールで警戒する。