※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

t:暗殺者は全身に暗器を仕込んでいるため、便利な道具を多数所持し、野外活動時の障害を切り抜けることにも長ける = {
  側面:要点の暗器及び設定文・イラストに多数の暗器装備が存在する。
  側面:ワイヤー付き分銅は攻撃武器としてだけでなく、足場固定・高所作業などにも非常に役に立つ。
  側面:所持しているナイフは投げナイフ用のものからサバイバルナイフぐらいのものまで存在し、細かい作業などにも便利。
  側面:クロスボウピストルの矢にロープを括りつけることで、離れた地点にロープを張る事が可能。

#サバイバル行為への修正:+2


t:暗殺者及び優しい死神は『隠蔽』判定に絶対成功し、さらに隠蔽解除の難易度を引き上げる事ができる = {
  側面:暗殺者達は、遮蔽物や日陰などを上手く活かして身を隠す術に長けており、地形を味方につけて行動する事で被発見率を大幅に下げる事ができる。
  側面:場に溶け込み、存在する事を気取らせない能力であるため、隠蔽中に攻撃を受けることはほぼない。
  側面:絶えず遮蔽を活かした位置取りを選び続ける事による能力なので、敵に発見されている場合でも受ける攻撃を最低減に抑えられる。

#この修正は隠蔽状態でなければ発動しない。
#効果=隠蔽状態である限り、敵からの攻撃(強制リクエスト)を受けない

t:暗殺者及び優しい死神は『隠蔽』判定に絶対成功し、さらに隠蔽解除の難易度を引き上げる事ができる = 

  側面:隠蔽状態から攻撃を行う事で、敵性存在への攻撃には不意打ち・奇襲としての高い効果が望める。
  側面:保有する多数の暗器や詠唱戦が可能なことにより、自らの姿勢などを選ばずに攻撃が可能となる。

#この修正は隠蔽状態でなければ発動しない。
#効果=攻撃全般に+3修正
t:隠蔽状態からの攻撃後は位置を気取られる前に移動し隠れるため、攻撃を行っても隠蔽状態は継続する = 

  側面:投げナイフやクロスボウなど、保有する武装や攻撃手段には一撃致死となるべく用意されたものが多く、攻撃そのものにあまり時間を要さない。
  側面:詠唱戦には幻影効果を付与する事ができ、欺瞞工作を行う事ができる。自身の幻影による白兵と誤認させる、など。
  側面:隠れられる場所の目星を複数つけてから攻撃に入るため、攻撃後の位置変えに迷いが生じない。

#攻撃行動の際に+AR3消費することで、隠蔽状態を継続でき、隠蔽状態によるf:の効果を持続できる
http://www10.atwiki.jp/porepole/pages/187.html

t:優しい死神および暗殺者は隠蔽絶対成功を保有している = 必要に応じて身を隠し、危険な場所においても様子を見ながら活動が出来る。
http://blogiri.at.webry.info/200812/article_5.html