※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=4034
t:暴走対策の研究によって評価差分が30以上ある行動をとろうとすると暴走することが判明した = 側面:今後、暴走しないように、評価提出の際は差分+7以上30未満の数字を提出するようにする。同時にその範囲内で+7に近い値数値を提出するように努力する



t:猫は人語が分かるが喋れないし、手がない(前足はある) = 手や声を使わなければ意思疎通できる 
t:手や声を使わなければ意思疎通できる = キーボードを使用することで意思疎通できる



t:ターキッシュバンは水上・水中戦闘できる=地の利を利用して敵を足止めすることは可能
t:ターキッシュバンは地上、水上、水中戦闘できる=地上と水中を行き来することでRBに対して地の利を得ることが出来る
t:地の利を活かす=敵の索敵範囲ギリギリまで接近後水中へ逃げる
t:1部隊でも対応できれば前進する=対応する必要があるなら1部隊は対応をとってこざるをえない
t:敵の索敵範囲ギリギリまで接近後水中まで逃げる=橋など河川が近い場所が待ち伏せに望ましい
t:敵はRBである=ARは10である
t:1部隊でも対応できれば前進する=対応する必要があるなら1部隊は対応をとってこざるをえない=移動には判定を必要としないので移動だけでARを浪費させれば評価が高い敵でも撤退させられる





t:開始時点から地図を作っていた = 側面:最短距離と時間で戻るルートを知っている。

t:開始時点から地図を作っていた = 側面:防御効果の高い場所への最短距離と時間で戻るルートを知っている。

t:FEGはジャイの母国である = 側面:地図をもっていなくてももっているとみなせる。

t:図書館の見取り図を見て図書館を回っている = 図書館の中に暖かい陽だまりがあるところを知っている

t:案内ボードを見た=近道がわかる

t:事前に着地点を見回って、調べていた = クッションになりそうなところを覚えている
t:図書館の見取り図を見て図書館を回っている = クッションがどこに置いてあるか把握している
t:ブータは猫である = ブータは高いところから落ちても大丈夫

t:時系列的にイベント113の最中なので狙撃対策を組み込んだ防御を行う={
通常の防御を行うと同時にACEへの狙撃対策をする
 側面:ACEへの狙撃に関して警告が出されているので、狙撃の可能性について情報を得ておく。
 側面:狙撃銃は砂漠の細かい砂による汚れで作動不良を起こしやすい。
 側面:藩国の地図から狙撃ポイントになりそうな地点を予測して警戒する。

t:Tagamiに真剣な話をする為に、ずっと瞳を見ていた=漠然とみるより印象強く鮮明に見えていた

t:カレンは水着のような格好をしている=目立つ格好なので、聞き込みによって発見が容易になる
t:カレンは外交使節の仕事としてこちらへ来ていた=歴史保安警察はそれを把握しており、宰相府を通して連絡をとることで移動経路を把握できる
t:鈴藤 瑞樹は帝國の民である=宰相府に協力を求めることで捜索が容易になる
t:今までにも何度か宰相府藩国へ来た経験がある=ある程度の地理を把握しており、捜索が容易になる

t:逃げ先を突き止める=感覚で判定できる
t:動物園の地形は頭にはいってる=教授と走り廻ってたので地形はしってる