Ubuntu Linux 11.04 - ThinkPad X60s


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トラックポインタでのスクロールを有効にする

参考ページ


実際に変更する

GUI での変更

$ sudo apt-get install gpointing-device-settings 
$ gpointing-device-settings
項目 内容
ホールエミュレーションを使用する 有効
ボタン 2
他の項目 好みにあわせる

xorg.conf を変更する

11.04 になって、トラックポインタの有効化の方法が変更されたようです。参考ページから/usr/share/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.confを作成して、次の内容を書き込みます。
$ gksudo gedit /usr/share/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.conf
# File is /usr/lib/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.conf
Section "InputClass"
    Identifier "Trackpoint Wheel Emulation"
    MatchProduct "TrackPoint"
    MatchDevicePath "/dev/input/event*"
    Driver "evdev"
    Option "EmulateWheel" "true"
    Option "EmulateWheelButton" "2"
    Option "Emulate3Buttons" "false"
    Option "XAxisMapping" "6 7"
    Option "YAxisMapping" "4 5"
EndSection
変更後、X を再起動すれば有効化される。

メモ

 # vim /usr/share/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.conf

##########################
# Thinkpad Trackpoint setting
##########################
Section "InputClass"
    Identifier "Trackpoint Wheel Emulation"
    MatchProduct "TrackPoint"
    MatchDevicePath "/dev/input/event*"
    Driver "evdev"
    Option "EmulateWheel" "true"
    Option "EmulateWheelButton" "2"
    Option "Emulate3Buttons" "false"
    Option "XAxisMapping" "6 7"
    Option "YAxisMapping" "4 5"
EndSection
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|