Sound Player Lilith


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

音楽再生ソフト Sound Player Lilith について


Sound Player Lilith を入手する

  1. -=Project9k =- から、Sound Player Lilith を入手
  2. Lilith を最新のバージョンに変更する (0.992)
    1. Lilith の適当なところ(プレイリスト以外の場所)で右クリックし、設定を選択
    2. 「その他」タブ を選択し、オンラインアップデートを実行
    3. 全ての項目にチェックを入れ、「OK」を選択
    4. どのファイルをアップデートするかの確認があるが、全て選択する
    5. Lilith が再起動されるので、もう一回アップデートを行う。このとき、全ての項目にチェックを入れる

Sound Player Lilith で ASIO 出力を楽しむ

ASIO と呼ばれる、ドライバーを用いれば音質が向上する模様。

ASIO4ALL の入手

そもそも、ASIO で音楽を聴くのには ASIO 対応のサウンドカードが必要であるのだが、
ASIO に対応していないチップ内蔵などは、疑似的にASIO出力させることができる ASIO4ALL を導入すればよい。
  1. ASIO4ALL - Universal ASIO Driver から ASIO4ALL を入手、インストール
  2. インストール時は適当に次へを押してインストール
  3. ASIO caps から、ASIO caps を入手
  4. ASIO caps を実行 (64bit OS の場合は、x64 の中に、32bit OS の場合は、x84 の中にあるASIO caps 64.exe、または、ASIO caps 32.exe を実行)
  5. [Caps...] を選択
  6. 表示されたウインドウに、サポートする周波数などが掲載される (どの Sample Rate が Supported されているか)

Lilith の設定

  1. Lilith の適当なところ(プレイリスト以外の場所)で右クリックし、設定を選択
  2. 「サウンド出力」タブを選択する
  3. 次の設定へと変更する (記載されてないところは適当に)
    • 出力デバイス-左: ASIO (Project9k)
    • 出力デバイス-右: ASIO4ALL v2
    • 出力周波数: 全てチェック
    • 出力ビット深度: 64bit(float)


実感としては、ASIO を 導入した先入観か音質が向上したように思えてしまう不思議。
アンプ内蔵、ウーファーがついてるスピーカーは恩恵を得られると思う。



Sound Player Lilith で TTA (The True Audio) を再生する

Sound Player Lilith は、初期状態では TTA フォーマットの再生は行えない。
しかし、True Audio DirectShow Codecs をインストールすることによりTTA フォーマットの再生が可能となる。
  1. Sound Playe Lilith を 最新のバージョンへと変更する (0.992 以上)
  2. TTA 公式 サイト から、 True Audio DirectShow Codecs を入手
  3. True Audio DirectShow Codecs を インストールすると再生されるようになる。


参照

Sound Playe Lilith: -=Project9k =-
ASIO4ALL: ASIO4ALL - Universal ASIO Driver
ASIO Caps: ASIO caps
True Audio DirectShow Codecs: TTA 公式 サイト
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル