コンソール画面


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ubuntu Linux に限らず、Unix系OS では、コンソールを使いこなすことが出きると様々なアプリケーション、パッケージの設定の変更が行えるため、基本的な使い方を覚えておくと大変便利です。

コンソール画面は、上のメニューにあるアプリケーション→アクセサリ→端末 とたどることによって開けます。

さて、端末を起動させると以下のような画面が表示されます。
To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>".
See "man sudo_root" for details.

<username>@<hostname>:~$ 

<username> は、ログインしたユーザネームが表示されます。
また、<hostname> はパソコンのホスト名 (パソコンの名前) が表示されます。

例えば、foo というパソコンにbar という ユーザでログインした時は次のように表示されるでしょう。
 bar@foo:~$ 

コマンドを打つときは、例としてls コマンド
bar@foo:~$ls

とします。大抵の著書、Web サイトではユーザ名とホスト名を省いて一般ユーザでのコマンドを
$ <command>

と表記しています。ls コマンドを実行する時は以下のように表記されます。
$ ls

また、
To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>".
See "man sudo_root" for details.
上記一文はsudo コマンドを実行しない限り端末を起動するたびに表示されます。
sudo コマンドはスーパーユーザ権限でコマンドを実行したいときに使用します。

例えば次のように使います。
$ sudo <command>
sudo コマンドを使用する時は連続して使用しないとき、ログインしたユーザのパスワードが求められます。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|