※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



画像の形式について


  • tgaファイル(Truevision社が開発したビットマップ形式の画像ファイルらしい。拡張子[.tga])

  • アルファチャンネルでマスク(透明部分)がかけられる(後述)

  • Windows標準のペイントでは扱えないので別途画像閲覧・編集ソフトが必要。
    • アルファチャンネルも設定できるフリーソフトだとGIMPが多分使えます(未検証)。
      • 詳しくは、GIMPの日本語解説ページを参照してみてください。・・・が正直あまりお勧めできないので、可能であればPhotshopを使うのが簡単です・・・
        • GIMPはもともとLinux向けなので、Windows版は入手にてこずるかもしれません。日本語解説ページの左側のメニューで[入手とインストール]⇒[Windows版]で、右側の[私がパッケージ化した GIMP for Windows]のリンクからベクターに飛んで[GIMP for Windows(ja パッケージ)]というのをダウンロードすればゲットできます。ややこしい><

画像のサイズについて


  • 縦横各辺のピクセル数が2の乗数でないといけないみたい。

  • 2の乗数は、2,4,8,16,32,64,128,256,512,1024 など2をかけてできる数。普通は256px*256pxが多い。

  • 256px*128pxとかもたぶんOK

アルファチャンネルについて


PHOTSHOPを使った場合のイメージ

  • 例えば元の画像が、こんな真っ赤な画像だとします。



  • そこにこんな風に丸いマスクをかけます。(アルファチャンネル1のとこ)



  • これをtgaで保存して、WoWに読み込むと



このようにマスクがかかった部分が透過処理されるわけです。(ちなみに画面は合成です(^^;;)