※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三共・世界の家・ユネスコシリーズ

かって所沢に「ユネスコ村」(1951年開業)、箱根に「国際村」(1956年開業)という
世界各国の家を展示した西武グループの施設がありました。

それらの家をプラ模型としたのが三共製作所の「世界の家・ユネスコシリーズ」です。
その後、「世界の家シリーズ」や、2棟セットの「世界の家」となりました。

HOサイズと記されていますが、大きさはかなりバラバラでした。
その為にHOスケールとしなかったのかもしれません。

模型誌に掲載されている1960年代のHO・16番レイアウトに使用されている例をよく見ました。
私は小学生の頃にHOお座敷運転のストラクチャーとして使っていました。

「イスラエルの家」
屋根と同色の土台をグレーに塗装してあります。地面ベースは付けてありません。


「アルゼンチンの家」
屋根と土台をグレーに塗装してあります。地面ベースは付けてありません。
呼び鈴の様なものはオリエンタルの古典客車のベンチレーターです。

「メキシコの家」
右側がメキシコの家です。屋根と土台をグレーに塗装してあります。地面ベースは付けてありません。
窓枠と手摺を茶色に塗装してあります。ドアの赤色はオリジナルです。

「ギリシャの家」
右側がギリシャの家です。屋根と土台をグレーに塗装してあります。地面ベースは付けてありません。

「ビルマの家」
土台をグレー、屋根を茶色、壁面を薄茶色に塗装してあります。地面ベースは付けてありません。
玄関の柱と扉が欠落しています。

「ベトナムの家」
屋根をグレーに塗装してあります。土台と地面ベースは付けてありません。
煙出しの屋根をお堂の屋根に使ってしまっていますので、いずれ復元します。

「エジプトの家」
後期発売分は「アラブ連合の家」と名称が変更されていました。

ユネスコシリーズ解説サイト→http://www5e.biglobe.ne.jp/~sousei/sankyouhousu.htm

ユネスコシリーズ箱絵コレクション→http://akio-aska.com/gallery/framegallery.html

箱根園国際村(昭和34年に撮影)→ストラクチャー資料・箱根園国際村

三共では、このシリーズは繰り返し再生産され、
モールド色違い、箱違い、二棟セットなど、様々な形態で販売されました。
その後、金型は河合商会に移り「世界の街シリーズ」として生産されたことがあります。

アリイの「世界のハウスシリーズ」三共の製品とは全くの別物です。

アリイ・世界のハウス

アリイの「世界のハウス」はHOスケールと明記されています。
箱にはユネスコの文字も見えますが三共のシリーズとは全くの別物です。

「アメリカの家」

「ドイツの家」

「日本の家」

「オランダの家」

アリイの「世界のハウス」の箱側面の製品紹介です。

アリイからは「世界のハウス」に情景小物などをセットにしたシリーズも出ていました。1986年頃の製品と思われます。

TOP

INDEX


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆