※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

熱海鉄道同好会・創立50周年・記念鉄道展

鉄道関連資料・蒐集品の展示

福島屋が沼津駅で配付した昭和5年の時刻表


戦前の絵葉書・来宮ガード建設中
鉄道省熱海線の西進の際に西山から福道にかけては築堤が作られました。
来宮神社前には参道があり、また、糸川が流れている為に、
石とコンクリートによる構造物が作られ、その上に盛土がされました。
建設当時は東側が神社参道、西側が糸川の為のガードでしたが、
その後、交通量の増加に伴い、糸川部分は暗渠となり、現在に至っています。
所謂、掘削したトンネルでない事から今は来宮ガードと呼ばれています。

丹那隧道開通時に鉄道省が配付したパンフレット


昭和38年頃の来宮駅

復原された熱海軽便7号機は渚小公園に展示されていましたが、昭和46年に熱海駅前に移されました。

市川市長(当時)への目録贈呈

市川市長(当時)らによるテープカット

熱海軽便7号機の復原と駅前への展示を記念して関係者に配布された南部鉄の灰皿


昔は駅弁のお茶と言ったらこれでした

鉄道玩具の展示は一点のみとしました。
子供たちが遊ばせてもらえると勘違いすると困るので。

中銀インテグレーションの発行する情報誌「和っしょい・2012年夏号」
昭和の熱海駅前・熱海モノレール・丹那トンネル工事用の軽便線の記事が掲載されています。
会場で200部を配付しました。


運転会・2012・ATC50周年

TOP

INDEX


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆