世界の人々の人権のために ASA17-021-2004 東大院生の新疆ウイグル族トフティさん、依然獄中に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年10月8日以降の累計アクセス数= - ; 今日のアクセス数= - ; 昨日のアクセス数= -

東大院生のトフティさん、依然獄中に

このページの内容一覧


トフティさんの画像:


事案の概要

ウイグル族の歴史学者、トフティ・トゥニヤス[トホティ、テュニヤズ、TOHTI TUNYAZ、托和提、拖乎提] は、『[中華人民共和国]刑法』第111条と第103条の「国家秘密不法探索」罪と「国家分裂煽動」罪により、11年の刑に服している。

中国での逮捕に先立つ1998年2月11日、トフティ・トゥニアズは、日本の東京大学の大学院生であった。彼は、中国の少数民族政策を専攻しており、郷里である新疆に帰省し、1949年の中華人民共和国成立前の地方史、特に1944年から1949年の「東トルキスタン共和国」期間という自らの研究テーマのための資料集めをしていた。彼は、この帰郷の際に逮捕され、1999年3月、ウルムチ中級法院[地裁]より有罪判決を受けた。その後、彼の上訴は受け入れられず、原判決が維持され、刑が確定した。彼は、2009年2月に釈放される予定である。

「国家秘密不法探索」罪とは、トフティ・トゥニアズが新疆の公職の図書館司書の協力を得て入手した50年前の文書の目録のことを言っている。裁判の時、「国家分裂煽動」罪は、彼が日本で出版したと中国当局が主張するところの『シルクロードの内側の歴史』なる書物と関係があるとされた。しかし、彼の教授によれば、彼はそのような書物も、いかなる「分裂煽動」の書物も出版していない。

トフティ・トゥニアズは、トフティ・ムザルト[Tohti Muzart]という筆名で、自らが育った新疆アクスの拝城を流れる川のことを記している。2002年、ペン[クラブ]米国センターは、「ペン/バーバラ・ゴールドスミス著作の自由賞」を彼に授けた。彼の家族は、日本に住んでいる。

2001年5月、国連「恣意的拘禁に関する作業部会」(WGAD)は、トフティ・トゥニアズの自由の剥奪が恣意的なものであり、思想、意見、および表現の自由を含む『世界人権宣言』のいくつかの条項に違反するものであるとした。(23)

 今なお、中国当局は、「状況を改善すべし」という「恣意的拘禁に関する作業部会」の結論を無視し、トフティ・トゥニアズは獄中にいるままである。アムネスティは、彼を良心の囚人と見なし、即時無条件の釈放を求めるものである。

注(23)
United Nations Working Group on Arbitrary Detention,
"Opinion No. 7/2001 (People's Republic of China):
Communication addressed to the Government on 26 April 2000,
concerning Tohti Tunyaz",
United Nations Economic and Social Council,
Document No. E/CN.4/2002/77/Add.1, 11 December 2001.

 (アムネスティ公開文書『中国の“テロとの闘い”という迫害から逃れるウイグル』ASA17/021/2004、
http://web.amnesty.org/library/Index/ENGASA170212004?open&of=ENG-CHN
より「トフティ」部分を抄訳)


要請される行動

手紙書き例文

中国語


請  願  書
          年   月 日

此信是為被関押在烏魯木齊第三監獄的 拓和提(TOHTI Tunyaz、拖乎提)先生而冩的。
拓和提先生是位歴史学者,在日本東京大学学習。
他為了收集論文資料而暫時回国,却不料 在收集資料時 突然遭到逮捕,並以「煽動国家分裂」以及「非法刺探国家機密」的罪名,被判處11年有期徒刑。
其實,他的活動只不過是学術研究。
因此,我鄭重地請求有関当局:立即釋放 拓和提 先生!
此致
敬礼!


日本語

ウルムチの第三監獄に収監されているトフティさんのことで、お手紙いたします。
彼は、日本の東京大学で学んでいる歴史学者です。
ところが、論文執筆のため一時帰国中に歴史資料を集めていたところ突然逮捕され、「国家分裂煽動罪」ならびに「国家機密不法探索罪」で懲役11年の判決を受けました。
その実、彼の活動は学術的なものに過ぎません。
ただちにトフティさんを釈放してくださるよう、お願い申しあげます。           敬白

署名:                 


宛先

(中国国務院総理)

中国 100032
北京市 西黄城根北街9 国務院
温家宝 総理 收
Eメール: gazette@mail.gov.cn
FAX:+86 10 65292345(交通部長様方)

(中国国家主席)

中国 100017
北京市 永内西街
国務院辨公室
国家主席
 胡錦涛 主席 收

(新疆ウイグル自治区人民政府主席)

中国 830041
烏魯木齊 市
中山路2
新疆維吾爾自治区人民政府
司馬義・鉄力瓦爾地(Ismail Tiliwaldi)主席 收
Eメール: master@xinjiang.gov.cn

(中国共産党新疆委員会書記)

中国 烏魯木齊市 
中国共産党
新疆維吾爾自治区委員会
王樂泉 書記 收

(中華人民共和国大使館)

〒106-0046 港区元麻布3丁目4-33
中国大使館 特命全権大使
崔天凱 閣下
 電話:03-3403-3388
メール: info@china-embassy.or.jp


トフティ氏関連先行アムネスティ文書:


NWS 22/002/2002, 2002年8月1日、
<Uighur historian behind bars(鉄格子の中のウイグル歴史学者)>
http://web.amnesty.org/library/Index/ENGNWS220022002?open&of=ENG-CHN


ASA17/035/2002、2002年8月9日、
『アムネスティ、レビヤ・カディールらウイグルの良心の囚人たちの釈放を求める』
http://www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2002/020804.htm
(和訳)

トフティさん事件は「ワールド・ワイド・アピール」の継続中案件の一つである。
(2007年11月19日アクセス)
http://web.amnesty.org/web/wwa.nsf/activebycountry?open&restricttocategory=CHINA