※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Aの魔法陣 日常編 簡易ルールガイド(案)

Aの魔法陣の簡易版ルールガイドです。はじめてプレイする人向けに、細かい点をの多くを省いてあります。
公式ルールを確認したい場合は、公式サイトにて確認してください。
Aルールサマリー -Aの魔法陣-
公式ルール(Ver.2.5)
日常編 -Aの魔法陣-
公式サプリメントの一つ。本ルールガイドは、このサプリメントを前提に書かれています。

なにはともあれ、一度プレイしてみましょう。習うよりも慣れろ。と昔の人も言っています。

0、プレイを始める前に

メモ帳を開いておきましょう

セッションの状況、自PCや他PCの成功要素のメモなどをとりながらプレイするだけで、ずいぶんプレイがスムースになります。

1、キャラの作成

根源力
1000
抽出単位
200
配分比
外見:能力:装備=2:4:4
  • 外見:能力:装備(所持品)=2:4:4で根源力を割り振る(例参照・SDの裁量による、セッションによって異なる)
割り振られた根源力を判定単位で割り、余りを四捨五入した数が成功要素を登録する

  • 名前:A太郎
  • 外見:2>200/200=1.0>成功要素1【長身】
  • 能力:4>400/200=2.0>成功要素2【ジャンプ力】【耳がいい】
  • 装備:4>400/200=2.0>成功要素2【孫の手】【ニボシ】
プレイヤー毎の根源力が違うゲームもあるので真面目に計算

2、セッションの開始

 プレイヤーの要望を参考にしてSD(セッションデザイナー)がその場で作成する

A太郎:希望ちゃんを守りたい!
SD:OK、ではゲームを始めよう。
  • M*希望を守れ
難易度:5
抽出条件:不明
一時成功要素:1
1ターンゲーム

3、状況説明、判定

  • 最初に設定された難易度5に対してプレイヤーは最初に決定した成功要素を説得力のある形で提出する
  • SDは説得力ある成功要素を判定し抽出成功要素として難易度と比較する
  • プレイヤーはその状況の中で生かせる要素を一時成功要素として提出できる
  • 抽出成功要素が難易度に及ばない場合はSDの裁量による中間判定かサイコロを振るかをプレイヤーは選択できる

SD:希望ちゃんは高い木に登って降りられない子猫を助けようとしている
A太郎:よし!助けるぞ!
SD:成功要素を提出してください
A太郎:では、これでお願いします

外見:
【長身】木の枝までの距離が短い
能力:
【ジャンプ力】高いところまで手が届く
【耳がいい】子猫の鳴き声を聞いてやる気を出す
装備:
【孫の手】子猫を伝わらせて受け止める
【ニボシ】子猫の気をこっちに引いて逃げないようにする
一時成功要素:
【希望ちゃんを肩車する】


SD:【耳がいい】【孫の手】以外は全部通る、抽出成功要素は4、中間判定にするか(この場合SDの裁量によって結果が異なる、一般的に達成割合に比例する)サイコロを振るか(詳細ルールは後述、成功、中間判定、失敗のどれか)どちらにする?

A太郎:男は当然ダイスだぜ!

SD:OK、では難易度5、抽出成功要素4なので

  • 5×2≦(4-1)×2+1D6でサイコロ振って4以上か
  • 5×2≦(4-2)×2+2D6でサイコロ振って6以上かを選択してくれ
(ダイスを振る替わりに、固定ダイスを任意に使える。出目は常に2)

ちなみにサイコロのうち1個でも1が出たら自動失敗になるぞ
(ダイスを沢山ふると1が出やすく、危険なリスキーがデンジャラス!)
状況によってダイス2個振るよりも、ダイス1個で堅実に行ったり
中間判定を狙った方が良いときも多い、微妙な時はみんなで相談しよう

A太郎:期待値は2D6の方が大きいな、よし2D6だ!
  • 2D6=2+5=7

SD:(4-2)×2+7=11 成功だね

A太郎:よっしゃー

SD:では、君は希望ちゃんを肩車したりなんだりして、何とか子猫を木から下ろす事に成功した



4、終了

  • 判定の成功が終わったらSDはその結果をプレイヤーに伝えゲームを終了する
  • 下の例ではロールを行っているが、これは別にここに限らずゲーム中いつでもできる

SD:希望「ふぇぇ、Aちゃんありがとう、でも、てをきってけがしてる・・・いっしょにほけんしつまでいこう、のぞみがてあてしてあげる」

A太郎:「ありがとう、希望ちゃん、じゃあお願いしようかな」

SD:そして君は保健室で希望に手当てされて至福のひと時をすごした(このロリめ!)

A太郎:(違う!オレは純粋に子供を守りたいだけなんだぁー!)

(了)

文章原案投稿:シュワ@デスゲームSD