※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○A-DIC伝奇サプリ「学園退魔モノ」


せっかくA-DIC伝奇が好評を頂いているのでそれを使った小ネタを考えてみましたw
ミニキャンペーンなどが出来れば楽しいかもしれません。
ちなみにこちらの世界観はちょー適当でOKですw

シュワ@伝奇SD

Index

世界設定

某県某市にある私立仁摩保学園。この学園には、学園に通う者、勤める者にも知らない一つの秘密があった・・・。
それは、人知れず街に表れ害をなす怪物達を退ける、退魔組織が代々学園の生徒の一部に引き継がれていた事である。
PC達はこの学園の生徒として入学し、その組織に見出された者達であった。
果たして彼らは秘密裏に怪物達を処理し、街の平和を保てるのであろうか?

0. はじめに

このサプリメントは基本的にA-DIC伝奇のルールを基準にしています。詳しい説明はそちらにありますのでご参照下さい。
また、このサプリで作成したキャラクターが根源力2000まで育つとA-DIC伝奇にコンバート出来ます。

1. 根源力

このサプリではキャラクター作成時点での根源力は1000です。
ただし、根源力は最大でも3000までの扱いになっておりますのでそれ以降はA-DIC伝奇にキャラクターをコンバートして使用してください。
また、このサプリメントでも主に判定単位は200で取り扱います。

2. 専用絶技

キャラクターは根源力1000につき新たに1つ専用絶技を習得できます。
つまりキャラクター作成時点で1つの絶技を習得している事になります。
絶技の習得は根源力が2000,3000,……と、1000単位で上昇する毎に新たに行われます。
また、このサプリを使用する場合は習得できる絶技は1種類のみとなります。(D:特殊能力の例外を除く)

3.戦闘やダメージに関して

ver3戦闘ルールを参照してください。

4. 原型


設定ボックスは、以下の事柄で構成されます。

A:性別:男子(1、2、3)・女子(4、5、6)
B:所属:運動部(1、2)・文化部(3、4)・帰宅部(5、6)
C:A+Bで決まるもの
D:特殊能力

A:性別のボックス


男子
  • 面倒臭がりである
  • 寡黙である
  • 夢見がちである

女子
  • 几帳面である
  • おしゃべりである
  • 現実的である

B:所属のボックス


運動部
  • リーダーシップがある
  • 運動能力に優れる
  • 正義感溢れる

文化部
  • 変わった友人がいる
  • マニアックな知識を保有する
  • 優しい

帰宅部
  • 交友関係が広い
  • 家事などに優れる
  • 計算高い

C:A+Bのボックス


男子+運動部
  • 周りの雰囲気を無視して行動できる
  • 何事に対しても積極的である
  • 武芸に秀でている

男子+文化部
  • 誤解を招きやすい性格である
  • 理屈屋である
  • 人並み外れた集中力をもつ

男子+帰宅部
  • 内弁慶である
  • 変わった趣味がある
  • 以外と打たれ強い

女子+運動部
  • 他人に対して面倒見がいい
  • 女子に受けはいいが、男子には厳しい
  • 思考の柔軟性を持つ

女子+文化部
  • 隠れファンがいる
  • 直感に優れる
  • 極限状況でも自分を保てる

女子+帰宅部
  • バイトをしている
  • 家族の面倒をみている
  • 他人に対して強い影響力をもつ

D:特殊能力


  • 人並外れた【知覚能力】(知覚判定時、根源力の10%分の成功要素を提出できる)
  • 鍛え上げた【運動能力】(運動判定時、根源力の10%分の成功要素を提出できる)
  • 見掛けに寄らない【実戦経験】(戦闘判定時、根源力の10%分の成功要素を提出できる)
  • 意外な所での【情報網】(情報判定時、根源力の10%分の成功要素を提出できる)
  • 苦労してきた【対人技能】(対人判定時、根源力の10%分の成功要素を提出できる)
  • 以上のモノを取らない代わりに【絶技取得数+1】(これを取得すると、PC作成時に絶技を2個覚えている事が可能)

5. 原成功要素と根源比配分比

原成功要素は以下の通りです。:の右の数字が配分比になります。

1.能 力:2(身体能力など)
2. 技 能:2(習得技術など)
3.所持品:2(武器から何か役に立ちそうな適当な物まで)
4.執 着:2(恋人・信仰・性癖・道具など。なお相手がPCの事を知らなくても構わないし好意的な関係である必要もありません)

A、性別:「男子」を選ぶと「能力+1」、「女子」を選ぶと「技能+1」
B、所属:「運動部」を選ぶと「能力+1」、「文化部」を選ぶと「技能+1」 、「帰宅部」を選ぶと「所持品+1」

6. マウント

マウントはこのサプリメントでは1つのみ認めます。

7. 成長


○追加設定ボックス


追加設定ボックスは作成キャラクターの根源力が50%を越えるたびにボックスから一つを選んで設定としてもつことが出来ます。
キャラクター作成時の根源力は通常1000ですから、500ごとに追加設定を1つ得られます。根源力が1500,2000……を越えるごとに追加設定を得られます。

▽根源力1001~根源力3000まで

  • 武器等を手にする(根源力500相当)【マウント可能】
  • 相棒を手にする(根源力500相当)【マウント可能】
  • 護るべき者(恋人など)ができた(根源力500相当、サポーターになりうる)
  • 実は師匠に師事していた(根源力2000相当。セッションに登場など)
  • 不倶戴天の宿敵が現れた。(根源力2000相当)
  • 学校内でファンクラブが出来た(根源力500相当10人程度)
  • 学校内で有名人になった
  • 実は実家が金持ちだった。(常識的な範囲で)
  • 実は性別が違った。(任意に決めてよい)
  • 実は年齢を偽っていた。(常識的な範囲で任意に決めてよい)

○リザルト


30分のセッションにつき自動的に根源力100追加(セッション失敗ならその半分)と、なります。
プレイヤーの希望次第でリザルトの最大値の上限を500程度にしても良いでしょう。その事によりミニキャンペーン等を行う事も可能です。
このサプリで得られた追加設定はA-DIC伝奇に持ち越す事も可能になります。

根源力が2000を超えた段階で、学校を去る事が出来ます。卒業や自主退学等という事で処理して下さい。
根源力3000までは学園に通う事は可能ですが3001を超えた段階で強制的に学園を去る事になります。

また、追加根源力は無しにして、そのセッションのSDが認めた面白追加設定をPCに取得させる・・・と言うのもいいかもしれません。その場合、卒業した(退学した)などの設定を取得しなければ伝奇にはコンバート出来ない方針で行きたいと思います。
  • 実は義妹がいた
  • 異性に告白された
  • 実は1人暮らしだった・・・etc

8. PC作成用シート


○キャラクター設定

名前:
年齢:
性別:
簡単な設定:

原型
A:  性別:【】
B:  所属:【】
C: A+B:【】
D:特殊能力:【】

○追加設定

○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)

能力:(2):(200):(1)
【】
技能:(2):(200):(1)
【】
所持品:(2):(200):(1)
【】
執着:(2):(200):(1)
【】

原型による配分比修正
A(性別):「」→「+1」
B(所属):「~部」→「+1」

○マウント
キャラクター
-武器等(根源力00)【】【】

○習得絶技
【】(根源力000・疲労 点)
【】(根源力000・疲労 点)

-