※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サンプルキャラクター

  この都市の裏側の住民を紹介し、キャラクター例とします。PCの作成・成長時に参考になれば幸いです。
  この項では根源力10000以上のNPCの紹介を行います。

Index


わだつみの民の女王(根源力15000・判定単位200)


○キャラクター設定

名前:奇綿津見玄比賣命
年齢:300前後
性別:女
簡単な設定:
  狭間市の地下に流れる水路(雨水・地下湧水・河川の埋め立てによる排水等)をナワバリにする「わだつみの民」の民長(女王)です。
  無論、全ての地下水路(地下施設)が彼らのナワバリではありませんが、狭間市に住む人外としては最古参な組織であるため主要な水路はほぼ押えております。
  活動範囲が地下であるために地上のナワバリの保有者とは接触・対立する事は非常に稀となっております。
  彼女の本拠地は狭間市の地下にある大規模な地底湖であり、通常はその湖に全長20mを超える蛇を思わせる肉体を置いております。
  また、彼女は分身として人間の肉体(幽体)を持つため、意思疎通は可能です。
  性格は極めて温厚でありますが、近年、その存在をストラス製薬により脅かされつつあるために、ナワバリへの侵入者への対応は厳しいものになっております。

原型
A:  種族:【魚妖】人外:神話などで語られる種族
B:  所属:【わだつみの民】組織 :組織の構成員、ある程度の地位にいます
C: A+B:【組織を守る為に命をかける】
D:特殊能力:【感覚能力】:異常な感覚能力をもつ
E:活動分類:【術者修行】得意絶技:【爆発】

○追加設定 (現在根源力:15000・術者タイプ)

2500: 任意の1種類の絶技の師匠を得る。【結界】(前女王)
3000: 隠していたが実は魅力的な容貌だった。
3500: マントツリーを2つに出来る
4000: 絶技を新たに習得できる。
4500: マントツリーを3つに出来る
5000: 実は小規模集団の長だった
5500: 実は最近、知名度が上がってきた。
6000: 絶技を新たに習得できる。
6500: マントツリーを4つに出来る
7000: 実は中規模集団の長だった。
7500: 優秀な下僕を手にする。(根源力2000相当)【蛇妖】
8000: 有名な武器等を手にする。(根源力2000相当)【水の精霊】
8500: 1ターンに使用できる絶技の回数が2回(2種類)になる。
9000: 絶技を使用するとき、最大習得レベルの半分までなら50%の疲労で使用できる。
9500: 実は大規模集団の長だった
10000: 次回辺りに人生を揺るがすような大事件に巻き込まれる。(女王の継承)
11000: 組織の長:(根源力2000で50人程度)
12000: 組織の長:(根源力2000で100人程度)
13000: ナワバリ特殊化
14000: 絶技使用の際、疲労度を半分にできる
15000: 分身の作成【分身】

○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)

能力: (3):(4500):(22)
技能: (2):(3000):(15)
所持品:(3):(4500):(22)
執着: (2):(3000):(15)

原型による配分比修正
A(種族):「人外」→「能力+1」
B(所属):「組織」→「所持品+1」

○マウント
-【水の精霊】(根源力2000)【水流制御】×5【受け止める】×3【受け流す】×2
-【蛇妖】(根源力2000・諜報タイプ)


(以下は通常はマウントを行いません)
  • 【わだつみの民】根源力2000×100体の魚妖(戦闘タイプ)
  • 分身(根源力:7500・術者タイプ)

○サポーター設定

  • 分身(根源力:7500・術者タイプ)
設定:10代前半の人間の少女の形をした分身
絶技:【衝撃2】【加護2】【鬼火】【感知】【幻惑】

  • 蛇妖(根源力2000・諜報タイプ)
設定:女王の茶のみ友達。人の姿(女性・30前後)で出歩く事もある。
絶技:【束縛】【魅了】【催眠】【穏行】

○習得絶技 18
【爆発(水)4】(ダメ:1~4D6・疲労2~8点)
【衝撃(水)2】(ダメ:3~6・疲労4~8点)
【結界3】(根源力1000~3000・疲労4~12点)
【加護2】(根源力200~400・疲労2~4点)
【解呪2】(根源力1000~2000・疲労2~4点)
【幻惑2】(根源力1000~2000・疲労2~4点)
【感知2】(根源力1000~2000・疲労2~4点)
【鬼火1】(根源力200・疲労1点)

  • 絶技習得履歴 18
2000:3:【爆発】【衝撃】【鬼火】
3000:1:【爆発】
4000:2:【爆発】【衝撃】
5000:1:【爆発】
6000:2:【加護】【加護】
7000:1:【解呪】
8000:1:【解呪】
9000:1:【結界】
10000:1:【結界】
11000:1:【結界】
12000:1:【幻惑】
13000:1:【幻惑】
14000:1:【感知】
15000:1:【感知】

○ダメージ計算1(基本値)
基本値=根源力÷判定単位÷4=15000÷200÷4=18.75→19
  • 中間判定/成功/大成功=10/19/38

○ダメージ計算2(武装時)
基本値=根源力÷判定単位÷4=19000÷200÷4=23.75→24
  • 中間判定/成功/大成功=12/24/48


サラリーマン吸血鬼(根源力15000・判定単位200)


○キャラクター設定

名前: 田中 義春
年齢:40代半ば(見た目)
性別:男
簡単な設定:
  狭間学園に所属する吸血鬼の一員です。見た目は冴えないサラリーマン風の格好ですが組織の実務を任せられている実力者です。
  新参の人外が挨拶に来る場合は、組織の長に代わりこのキャラクターが対応する事が多いようです。
セリフ
「ご挨拶ですね、わざわざご苦労様です。主は今、所要がございますので、僭越ながら私が承ります」(新参の人外の挨拶に対して)

原型
A:  種族:【吸血鬼】人外:神話などで語られる種族
B:  所属:【夜闇の民】組織(吸血鬼):組織の構成員、ある程度の地位にいます。
C: A+B:【組織を守る為に命をかける】
D:特殊能力:【人間捕食(吸血)】:人を食う事でダメージの回復ができる
E:活動分類:【特殊訓練】得意絶技:【戦闘技術(八極拳)】

○追加設定(現在根源力:15000・諜報タイプ)

2500: マントツリーを2つに出来る
3000: 絶技を新たに習得できる。
3500: 実は次回あたりに家族や恋人などが出てくる。
4000: 絶技を新たに習得できる。
4500: マントツリーを3つに出来る
5000: 実は小規模集団の長だった
5500: 実は最近、知名度が上がってきた。(裏側のみ)
6000: 絶技を新たに習得できる。
6500: 実は中規模集団の長だった
7000: 有名な武器等を手にする(根源力2000相当)【強化背広】
7500: 1ターンに使用できる絶技の回数が2回(2種類)になる。
8000: 絶技を使用するとき、最大習得レベルの半分までなら50%の疲労で使用できる。
8500: 実は大規模集団の長だった
9000: 実は最近、街では知らない人が居ないほどの有名人になった。(裏側のみ)
9500: 実は強力な存在(根源力10001以上)との繋がりがある。
10000: 隠していたが実は魅力的な容貌だった。(スダレ髪がラブリー♪)
11000: 特定種族に対してダメージが1.5倍になる。【人間】
12000: 組織の長:一つの組織を束ねる長になります。(根源力1000で100人程度)
13000: 絶技使用の際、疲労度を半分にできる。
14000: 自分の根源力の25%のマウントアイテムの入手【防弾インナー】
15000: 尋常ではない不死性(主が滅びない限りは復活可能)

○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)

能力:(3):(4500):(23)
技能:(2):(3000):(15)
所持品:(3):(4500):(23)
執着:(2):(3000):(15)

原型による配分比修正
A(種族):「人外」→「能力+1」
B(所属):「組織」→「所持品+1」

○マウントアイテム
-【強化背広】(根源力2000)【受け流す】×5【形状記憶】×5
-【防弾インナー】(根源力3500)【対貫通性】×10【動作補正】×8
-ナシ
(以下は通常時はマウントを行いません)
  • 【家族】根源力1000
  • 【大規模集団】根源力2000×50体の吸血鬼(諜報タイプ)

○習得絶技 19
【戦闘技術(八極拳)8】(根源力1000~8000・疲労1~8点)
【五体強化4】(根源力1000~4000・疲労4~16点) ダメ:+3~12
【諜報技術7】(根源力1000~7000・疲労2~14点)

  • 絶技習得履歴 19
2000:3:【戦闘技術(八極拳)】【戦闘技術(八極拳)】【戦闘技術(八極拳)】
3000:2:【戦闘技術(八極拳)】【戦闘技術(八極拳)】
4000:2:【戦闘技術(八極拳)】【五体強化】
5000:1:【五体強化】
6000:2:【五体強化】【諜報技術】
7000:1:【諜報技術】
8000:1:【五体強化】
9000:1:【諜報技術】
10000:1:【諜報技術】
11000:1:【諜報技術】
12000:1:【諜報技術】
13000:1:【戦闘技術(八極拳)】
14000:1:【諜報技術】
15000:1:【戦闘技術(八極拳)】

○ダメージ計算1
基本値=根源力÷判定単位÷4=15000÷200÷4=18.75→19
中間判定/成功/大成功=10/19/38 (人間には1.5倍)


金髪碧眼のサムライ(根源力15000・判定単位200)


○キャラクター設定

名前:彼方左衛門尉雪典
年齢:20代半ば(見た目)
性別:男
簡単な設定:
  狭間学園に所属する吸血鬼の一員です。田中の同僚で組織の戦闘部隊を任せられている実力者です。 肉体的な外見は西洋系の白色人種ですが、名前・言葉遣い・立ち居振る舞いは古式ゆかしいものです。
  なぜかいつも不機嫌そうな憮然とした顔をしていますが、主に対する忠誠は盲信的なものです。
  普段の格好は下はスラックスですが、上は素肌の上にそのまま羽織を着ただけで前もはだけています。そして長く伸ばした髪をそのまま垂れ流し、常に日本刀を引っさげており、機嫌を損ねた者は容赦なく切り捨てます。
セリフ
「下郎が・・・!己が身を思い知れ!」(無礼を働いた者に対して)

原型
A:  種族:【吸血鬼】人外:神話などで語られる種族
B:  所属:【夜闇の民】組織(吸血鬼):組織の構成員、ある程度の地位にいます。
C: A+B:【組織を守る為に命をかける】
D:特殊能力:【人間捕食(吸血)】:人を食う事でダメージの回復ができる
E:活動分類:【特殊訓練】得意絶技:【戦闘技術(剣術)】

○追加設定 (現在根源力:15000・戦闘タイプ)

2500: マウントツリーを2つに出来る
3000: 絶技を新たに習得できる。
3500: 絶技を新たに習得できる。
4000: 実は食うに困らないだけの資産を持っている。
(人外なら自分の家周辺などをナワバリにしても良い)
4500: マントツリーを3つに出来る
5000: 実は小規模集団の長だった。
5500: 実は最近、知名度が上がってきた。(裏側のみ)
6000: 絶技を新たに習得できる。
6500: 絶技を新たに習得出来る。
7000: 1ターンに使用できる絶技の回数が2回(2種類)になる。
7500: 絶技を使用するとき、最大習得レベルの半分までなら50%の疲労で使用できる。
8000: 実は中規模集団の長だった。
8500: 実は大規模集団の長だった。
9000: 絶技を新たに習得できる。
9500: 実は最近、街では知らない者が居ないほどの有名人になった。(裏側のみ)
10000: 実は強力な存在(根源力10001以上)との主従関係にある。
11000: 特定種族に対してダメージが1.5倍になる。
12000: 自分の根源力の25%分のマウントアイテムの入手【暗器一式】(根源力3000)
13000: 尋常ではない不死性(主が滅びない限りは復活可能)
14000: 自分の根源力の25%分のマウントアイテムの入手【無銘の名刀】(根源力3500)
15000: 絶技を新たに習得出来る。

○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)

能力:(3):(3000):(15)
技能:(2):(2000):(10)
所持品:(3):(3000):(15)
執着:(2):(2000):(10)

原型による配分比修正
A(種族):「人外」→「能力+1」
B(所属):「組織」→「所持品+1」

○マウントアイテム
キャラクター
-【無銘の名刀】(根源力3500)【斬る】×5【突く】×5【受け流す】×8
-【暗器一式】(根源力3000)【斬る】×5【撃つ】×3【目潰し】×2【工作道具】×5
-ナシ

(以下は通常時はマウントを行いません)
  • 【大規模集団】根源力2000×15体の吸血鬼(戦闘タイプ)

○習得絶技 25
【戦闘技術(剣術)13】(根源力1000~13000・疲労1~13点)
【五体強化6】(根源力1000~6000・疲労4~24点)戦闘時ダメ+3~18
【隠密技術4】(根源力1000~4000・疲労2~8点)
【穏行】(根源力1000・疲労2点)
【束縛】(根源力1000・疲労2点)

  • 絶技習得履歴 25
2000:3:【戦闘技術(剣術)】【戦闘技術(剣術)】【戦闘技術(剣術)】
3000:2:【戦闘技術(剣術)】【戦闘技術(剣術)】
3500:1:【五体強化】
4000:1:【五体強化】
5000:1:【戦闘技術(剣術)】
6000:2:【戦闘技術(剣術)】【五体強化】
6500:1:【隠密技術】
7000:1:【隠密技術】
8000:1:【五体強化】
9000:2:【穏行】【束縛】
10000:1:【五体強化】
11000:1:【戦闘技術(剣術)】
12000:1:【五体強化】
13000:1:【戦闘技術(剣術)】
14000:1:【戦闘技術(剣術)】
15000:5:【戦闘技術(剣術)】【戦闘技術(剣術)】【戦闘技術(剣術)】【隠密技術】【隠密技術】

○ダメージ計算1
基本値=根源力÷判定単位÷4=15000÷200÷4=18.75→19
中間判定/成功/大成功=10/19/38 (人間には1.5倍)

○ダメージ計算2(武装時)
基本値=根源力÷判定単位÷4=21500÷200÷4=26.875→27
中間判定/成功/大成功=14/27/54 (人間には1.5倍)


魔道の守り手(根源力:10000・判定単位:200)


○キャラクター設定

名前:ガーレン・ヌーレンブルク
年齢:不明
性別:老婆
簡単な設定:
  旧市街地の一画に住むチェコ出身と噂される老婆の魔道士。
  性格は厳しいがその分、自分にはより厳しく戒律を求めるため、狭間市の魔道士のまとめ役を担っている。
  魔道を私利私欲のみに使うことを極めて嫌う故に魔道による被害者の救済には極めて熱心である。
(セリフ)
「やっかいな呪いだねぇ・・・苦しかったろう・・・でも安心をし、ここにくれば安全だよ・・・」(救いを求めてきた者に対して)

原型
A:  種族:【人間】:普段はごく普通の生活をしている
B:  所属:【一匹狼】:強い目的を持つ
C: A+B:【魔道の守護者】 :守るべき対象がある
D:特殊能力:【人外感知】:人外の気配に敏感である
E:活動分類:【術者修行】得意絶技:【結界】

○追加設定 (現在根源力:10000・術者タイプ)

2500: マウントツリーを2つに出来る
3000: 実は食うに困らないだけの資産を持っている。
3500: 絶技を新たに習得できる
4000: 絶技を新たに習得できる
4500: 絶技を新たに習得できる
5000: 実は最近、知名度が上がってきた。(裏側のみ)
5500: 絶技を新たに習得できる
6000: 絶技を新たに習得できる
6500: 1ターンに使用できる絶技の回数が2回(2種類)になる。
7000: 実は遊んで暮らせるだけの資産を持っている。
7500: 優秀な下僕を手にする(根源力2000相当)【大鴉】
8000: 有名な武器等を手にする(根源力2000相当)【カドウケス】
8500: 実は最近、街では知らない者が居ないほどの有名人になった。(裏側のみ)
9000: 絶技を新たに習得できる
9500: 絶技を新たに習得できる
10000: 絶技を新たに習得できる

○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)
能力:(2):(2000):(10)
技能:(3):(3000):(15)
所持品:(2):(2000):(10)
執着:(3):(3000):(15)

原型による配分比修正
A(種族):「人間」→「技能+1」
B(所属):「一匹狼」→「執着+1」

○マウント
-カドウケス(根源力2000)【魔力補助】×10
-大鴉(根源力2000)絶技:【諜報技術】【隠密技術】

○習得絶技 27
【結界6】(根源力1000~8000・疲労2~8点)
【衝撃4】(根源力-・疲労4~16点)ダメージ3~12
【創造(自動人形)2】(根源力:特殊・疲労:特殊)
【対抗魔術2】(根源力500~1000・疲労2~4点)
【解呪2】(根源力1000~2000・疲労2~4点)
【加護2】(根源力200~400・疲労2~4点)
【感知2】(根源力1000~2000・疲労2~4点)
【穏行1】(根源力1000~2000・疲労2~4点)
【鬼火1】(根源力200・疲労1点)
【詠唱1】(根源力500・疲労2点)
【強制1】(根源力1000・疲労2点)
【束縛1】(根源力1000・疲労2点)
【催眠1】(根源力1000・疲労2点)
【幻惑1】(根源力1000・疲労2点)

  • 絶技習得履歴 27
2000:3:【結界】【創造(自動人形)】【衝撃】
3000:1:【対抗魔術】
3500:2:【衝撃】【対抗魔術】
4000:3:【詠唱】【強制】【鬼火】
4500:2:【結界】【結界】
5000:1:【束縛】
5500:2:【催眠】【幻惑】
6000:3:【結界】【結界】【感知】
7000:1:【感知】
8000:1:【加護】
9000:3:【加護】【解呪】【解呪】
9500:2:【結界】【創造(自動人形)】
10000:3:【衝撃】【衝撃】【穏行】

○ダメージ計算 (基本値)
基本値=根源力÷判定単位÷4=1000÷200÷4= 12.5→13
中間判定/成功/大成功=7/13/26


自動人形の少女(根源力10000・判定単位200)


○キャラクター設定

名前:紅
年齢:12~13歳(見た目)
性別:女
簡単な設定:
  数百年前に名工の手により作成された自動人形が魂をもった人外。
  現在は自己改良を重ね人間と区別がつかない外見をしています。好みの服装はゴシックロリータファッション。
  自分の屋敷の中から外界で起こる出来事を楽しんで見ています。そのため、彼女はこの街で起こるほぼ全ての事件を把握していると思われます。
  極端な人嫌いなのでPC達が訪れても会ってくれるか分かりませんが、情報を教えて彼女の楽しめる展開になるならば無償で情報提供することもあります。
  また、その能力の特性上最低、一度は人や物、場所などを目視する必要があるため、極まれに外出を行う事もあります。
セリフ
「・・・フフフ、面白そう・・・」(事件を傍観しながら)

原型
A:  種族:【自動人形】人外:機械的な肉体を持つ
B:  所属:【一匹狼】:行動理念は享楽的なものによる
C: A+B:【外界の出来事に関わる事を嫌う】:何かから逃れている
D:特殊能力:【蘇生措置】:死亡しても条件付で復活する事ができる
E:活動分類:【超常能力】得意絶技:【千里眼】

○追加設定 (現在根源力:10000・術者タイプ)

2500: 隠していたが実は魅力的な容貌だった。(対人関係の判定などの前提になります)
3000: マウントツリーを2つに出来る
3500: 従順な下僕を手にする。(根源力1000相当)【パーカー】
4000: 実は食うに困らないだけの資産を持っている。
(人外なら自分の家周辺などをナワバリにしても良い)
4500: マントツリーを3つに出来る
5000: 実は小規模集団の長だった。
5500: 実は最近、知名度が上がってきた。(裏側のみ)
6000: 絶技を新たに習得できる。
6500: 実は遊んで暮らせるだけの資産を持っている。
(人外なら自分の住んでいる周辺の一区画をナワバリにしても良い)
7000: 実は中規模集団の長だった。
7500: 有名な武器等を手にする。(根源力2000相当)【人工精霊】
8000: 優秀な下僕を手にする。(根源力2000相当)【雛】
8500: 実は最近、街では知らない者が居ないほどの有名人になった。(裏側のみ)
9000: 1ターンに使用できる絶技の回数が2回(2種類)になる。
10000: 絶技を使用するとき、最大習得レベルの半分までなら50%の疲労で使用できる。

○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)

能力:(3):(2700):(14)
技能:(2):(1800): (9)
所持品:(2):(1800): (9)
執着:(3):(2700) :(14)

原型による配分比修正
A(種族):「人外」→「能力+1」
B(所属):「一匹狼」→「執着+1」

○マウントアイテム
-【人工精霊】(根源力2000)【射る】×5【光る】×2【受け止める】×3
-【雛】(根源力2000・術者タイプ) 【魅了2】

(以下は通常時はマウントを行いません)
  • 【中規模集団】根源力2000×10体の屋敷を管理する僕(工作タイプ)
  • パーカー(根源力1000・諜報タイプ)【隠密技術】

○サポーター設定

  • 雛:紅と同じ人形師により作成された自動人形の少女。紅との戦い破れ弱体化しそのままでは存在出来なくなった為に、現在は紅に従う(?)事になっている。
  • パーカー:紅が作成した自動人形と言われている。不明な点が多い。

○習得絶技 12
【千里眼4】(根源力1000~4000・疲労1~4点)
【能力強化(脚力)2】(根源力1000~2000・疲労2~4点)
【対抗魔術2】(根源力1000~2000・疲労2~4点)
【衝撃2】(根源力-・疲労4~8点)ダメージ3~6
【結界2】(根源力1000~2000・疲労4~8点)

  • 絶技習得履歴 12
2000:3:【千里眼】【千里眼】【千里眼】
3000:1:【千里眼】
4000:1:【能力強化(脚力)】
5000:1:【能力強化(脚力)】
6000:2:【対抗魔術】【対抗魔術】
7000:1:【衝撃】
8000:1:【衝撃】
9000:1:【結界】
10000:1:【結界】

○ダメージ計算1
基本値=根源力÷判定単位÷4=9000÷200÷4=11.25→11
中間判定/成功/大成功=6/11/22

○ダメージ計算2(武装時)
基本値=根源力÷判定単位÷4=13000÷200÷4=16.25→16
中間判定/成功/大成功=8/16/32


炎髪灼眼の討ち手(根源力:10000・判定単位:200)


○キャラクター設定

名前:平井ゆかり(偽名)
年齢:10代中頃
性別: 女
簡単な設定:
  世界的に有力な退魔組織【炎獄】の若き逸材と噂される少女です。組織の有力人外【天壌の劫火】をペンダントに封じ常に身に着けています。
  普段は無愛想で口もマトモに聞いてくれませんが、美味しいメロンパンを食べてる時だけは本当に嬉しそうな顔をします。
  現在、挟間市には到着したばかりで各組織の調査を行っています。そのため調査を行う組織に狙われる恐れもあるでしょう。
  戦闘時は大太刀と黒いコートを身につけ小さな身に会わぬ動きで敵を圧倒します。
  また、普段は黒髪で黒い瞳ですが、戦闘の際には【天壌の劫火】の影響により炎髪灼眼へと変貌を遂げます。
  PC達に対してどの様な対応が行われるかは不明です。今後の展開次第でしょう。
セリフ
「うるさいうるさいうるさい」(主に照れ隠しに言うセリフ)

原型
A:  種族:【人間】:修行等により対人外用の戦闘技術を習得しており、それを生業にする
B:  所属:【炎獄】(退魔)組織:組織の構成員、ある程度の地位にいます。
C: A+B:【組織にとって重要な存在である】
D:特殊能力:【人外感知】:人外の気配に敏感である
E:活動分類:【主従関係】サポーター:天壌の劫火

○追加設定 (現在根源力:10000・戦闘タイプ)

2500: 隠していたが実は魅力的な容貌だった。
3000: 任意の1種類の絶技の師匠を得る。【戦闘技術(剣術)】の師匠「万条の仕手」
3500: 実は食うに困らないだけの資産を持っている。
4000: マウントツリーを2つに出来る
4500: マントツリーを3つに出来る
5000: 絶技を新たに習得できる。
5500: 実は最近、知名度が上がってきた。(裏側のみ)
6000: 絶技を新たに習得できる。
6500: 有名な武器等を手にする。【贄殿遮那】(大太刀)(根源力2000相当)【マウント可能】
7000: 有名な武器等を手にする。【黒傘】(黒いコート)(根源力2000相当)【マウント可能】
7500: 1ターンに使用できる絶技の回数が2回(2種類)になる。
8000: 絶技を使用するとき、最大習得レベルの半分までなら50%の疲労で使用できる。
8500: 【マウント可能】と表示されるものの強化を行える。(【贄殿遮那】根源力+500)
9000: 【マウント可能】と表示されるものの強化を行える。(【贄殿遮那】根源力+500)
9500: 【マウント可能】と表示されるものの強化を行える。(【贄殿遮那】根源力+500)
10000: 【マウント可能】と表示されるものの強化を行える。(【贄殿遮那】根源力+500)

○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)
能力:(2):(1600):(8)
技能:(3):(2400):(12)
所持品:(3):(2400):(12)
執着:(2):(1600):(8)

原型による配分比修正
A(種族):「人間」→「技能+1」
B(所属):「組織」→「所持品+1」

○マウント
-【天壌の劫火】(根源力5000・術者タイプ)絶技:【爆発(炎)2】【衝撃(炎)】【穏行】【飛行】
-【贄殿遮那】(根源力4000)【斬る】×5【突く】×5【対抗魔術】×10(絶技効果【対抗魔術1】)
-【黒傘】(根源力2000)【受け止める】×5【色々仕舞う】×5

  • アイテム・サポーター設定
【天壌の劫火】:ゆかり(偽名)を守護する強大な人外。ただし、そのまま姿を現すと周囲に対する影響が大きいのでその身をペンダントに封じている。
【贄殿遮那】:ゆかり(偽名)の愛用する大太刀。マウント強化により絶技効果【対抗魔術1】をもつ。この太刀に接触している限りは疲労無しで常時発動。
【黒傘】:ゆかり(偽名)が戦闘時に着る黒いコート。中に色々と収納する事ができる。体積は(常識的な範囲で)縮小できるが重量は変化しない。

○習得絶技 14
【戦闘技術(剣術)10】(根源力1000~10000・疲労2~20点)
【覚醒2】(根源力1000~2000・疲労4~8点)
【結界】(根源力1000・疲労4点)
【催眠】(根源力1000・疲労2点)

  • 絶技習得履歴 14
2000:2:【戦闘技術(剣術)】【覚醒】
3000:1:【戦闘技術(剣術)】
4000:1:【戦闘技術(剣術)】
5000:3:【戦闘技術(剣術)】【結界】【催眠】
6000:3:【戦闘技術(剣術)】【戦闘技術(剣術)】【覚醒】
7000:1:【戦闘技術(剣術)】
8000:1:【戦闘技術(剣術)】
9000:1:【戦闘技術(剣術)】
10000:1:【戦闘技術(剣術)】

○ダメージ計算 (基本値)
基本値=根源力÷判定単位÷4=8000÷200÷4=10
中間判定/成功/大成功=5/10/20

○ダメージ計算 (武装時)
基本値=根源力÷判定単位÷4=19000÷200÷4=23.75→24
中間判定/成功/大成功=12/24/48


悲劇の元凶(根源力10000・判定単位200)


○キャラクター設定

名前:雅
年齢:20歳前後(見た目)
性別:男
簡単な設定:
  20歳前後の容姿をした白髪の吸血鬼で、常にイヤらしい笑みを浮かべています。
  元PC「宮下篤志」を吸血鬼にした張本人で、その弟である「宮下晃」の宿敵です。
  元は血族を引き連れ狭間市外から来た吸血鬼ですが、現在は夜闇の民に帰順していますが決して主に忠誠を誓っているわけではありません。
  この雅の血統は夜闇の民とは違うため多少の特性の違いがあります。特に雅は過去に何らかの出来事がありその特性が強化されております。
  果たして宮下篤志は何を考え、その最後に弟に何を託したのであろうか?
№81デスゲーム「雅討伐」にて死亡。

原型
A:  種族:【吸血鬼】人外:神話などで語られる種族
B:  所属:【夜闇の民】組織:組織を利用しようとしている
C: A+B:【自分の活動場所(ナワバリ)確保の為に所属する】
D:特殊能力:【蘇生措置 】:死亡しても条件付で復活する事ができる
E:活動分類:【主従関係】サポーター:【邪鬼】

○追加設定 (現在根源力:10000・戦闘タイプ)

2500: マントツリーを2つに出来る
3000: 従順な下僕を手にする。(根源力1000相当)【キョウコ】
3500: 実は食うに困らないだけの資産を持っている。
(人外なら自分の家周辺などをナワバリにしても良い)
4000: 【マウント可能】と表示されるものの強化を行える。(【邪鬼】根源力+500)
4500: マントツリーを3つに出来る
5000: 実は小規模集団の長だった
5500: 実は最近、知名度が上がってきた。(裏側のみ)
6000: 【マウント可能】と表示されるものの強化を行える。(【邪鬼】根源力+500)
6500: 有名な武器等を手にする(根源力2000相当)【鉄扇】
7000: 実は中規模集団の長だった
7500: 1ターンに使用できる絶技の回数が2回(2種類)になる。
8000: 絶技を使用するとき、最大習得レベルの半分までなら50%の疲労で使用できる。
8500:実は遊んで暮らせるだけの資産を持っている。
(人外なら自分の住んでいる周辺の一区画をナワバリにしても良い)
9000:実は最近、街では知らない者が居ないほどの有名人になった。(裏側のみ)
9500:実は大規模集団の長だった。
10000:実は強力な存在(根源力10001以上)との主従関係にある。

○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)

能力:(2):(2000):(10)
技能:(3):(3000):(15)
所持品:(3):(3000):(15)
執着:(2):(2000):(10)

原型による配分比修正
A(種族):「人外」→「能力+1」
B(所属):「組織」→「所持品+1」

○マウント
-【鉄扇】(根源力2000)【叩く】×5【受け流す】×5
-【邪鬼】(根源力6000・戦闘タイプ) 絶技:【能力強化(腕力)6】
-ナシ

(以下は通常はマウントを行いません)
  • キョウコ(根源力:1000・戦闘タイプ)
  • 【吸血鬼】根源力2000×15体(戦闘タイプ)

○習得絶技 10
【隠密技術4】(根源力1000~4000・疲労2~8点)
【五体強化2】(根源力1000~2000・疲労4~8点)戦闘時ダメージ+3~6
【変化】(根源力500・疲労2点)
【束縛】(根源力1000・疲労2点)
【強制】(根源力1000・疲労4点)
【催眠】(根源力1000・疲労4点)

  • 絶技習得履歴 10
2000:2:【隠密技術】【変化】
3000:1:【束縛】
4000:1:【隠密技術】
5000:1:【強制】
6000:1:【隠密技術】
7000:1:【催眠】
8000:1:【隠密技術】
9000:1:【五体強化】
10000:1:【五体強化】

○ダメージ計算 (基本値)
基本値=根源力÷判定単位÷4=10000÷200÷4=12.5→13
中間判定/成功/大成功=7/13/26

○ダメージ計算 (武装時)
基本値=根源力÷判定単位÷4=12000÷200÷4=15
中間判定/成功/大成功=8/15/30

○ダメージ計算 (邪鬼マウント時)
基本値=根源力÷判定単位÷4=18000÷200÷4=22.5→23
中間判定/成功/大成功=11/23/46

○ダメージ計算 (集団戦時)
基本値=根源力÷判定単位÷4=48000÷200÷4=60
中間判定/成功/大成功=30/60/120

温和な格闘家(根源力10000・判定単位200)


○キャラクター設定

名前:赤坂 守
年齢:30前後
性別:漢
簡単な設定:
  警視庁公安部第7資料室に勤務する穏やかな青年です。
  しかし、その部署は名前と裏腹に実は国家の機密を管理する仕事になっております。
  その部署のエースである彼はどうやら問題の狭間市の調査の為に訪れている様です。
  ある事件で深い後悔を覚え、肉体を鍛え上げた彼の実力は狭間市でも十二分に通用するものになっております。
  特にその打撃技は「徹甲弾」と呼ばれる程に強力なものになっております。
  ちなみにその事件の数年後に起きたある騒動は彼の活躍により無事解決し、家族と平穏な生活を送っていました。
  基本的に調査目的の来訪な上に彼自身は極めて温厚な性格なので敵対行動をとらなければ友好的な態度で接してくれるでしょう。
(セリフ)
敵「オレはストラスの**だ!」
赤坂「そりゃよかったな!給料いくらだ!!」
(戦闘時敵に向かって)

原型
A:  種族:【人間】:普段はごく普通の生活をしている
B:  所属:【警視庁公安部】組織:組織の構成員、ある程度の地位にいます。
C: A+B:【組織の実行部隊】
D:特殊能力:【情報網】
E:活動分類:【特殊訓練】得意絶技:【戦闘技術(空手)】

○追加設定 (現在根源力:10000)

2500: 隠していたが実は魅力的な容貌だった
3000: 護るべき者ができた。【家族】
3500: 絶技を新たに習得できる
4000: 絶技を新たに習得できる
4500: 絶技を新たに習得できる
5000: 絶技を新たに習得できる
5500: 絶技を新たに習得できる
6000: 絶技を新たに習得できる
6500: 1ターンに使用できる絶技の回数が2回(2種類)になる。
7000: 絶技を使用するとき、最大習得レベルの半分までなら50%の疲労で使用できる。
7500: 絶技を新たに習得できる
8000: 絶技を新たに習得できる
8500: 絶技を新たに習得できる
9000: 絶技を新たに習得できる
9500: 絶技を新たに習得できる
10000: 次回辺りに人生を揺るがすような大事件に巻き込まれる

○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)

能力:(2):(2000):(10)
技能:(3):(3000):(15)
所持品:(2):(2000):(10)
執着:(3):(3000):(15)

原型による配分比修正
A(種族):「人間」→「技能+1」
B(所属):「組織」→「所持品+1」

○マウント
キャラクター
-ナシ

○習得絶技 35
【戦闘技術(空手)10】(根源力1000~10000・疲労1~10点)
【諜報技術5】(根源力1000~5000・疲労2~10点)
【隠密技術5】(根源力1000~5000・疲労2~10点)
【腕力強化5】(根源力1000~5000・疲労2~10点)ダメージ+3~15
【脚力強化5】(根源力1000~5000・疲労2~10点)
【衝撃(気功)5】(ダメージ3~15・疲労4~20点)

  • 絶技習得履歴 35
2000:3:【戦闘技術(空手)】【諜報技術】【隠密技術】
3000:1:【戦闘技術(空手)】
3500:2:【戦闘技術(空手)】【衝撃(気功)】
4000:3:【戦闘技術(空手)】【腕力強化】【脚力強化】
4500:2:【諜報技術】【隠密技術】
5000:3:【戦闘技術(空手)】【腕力強化】【脚力強化】
5500:2:【腕力強化】【脚力強化】
6000:3:【戦闘技術(空手)】【諜報技術】【隠密技術】
7000:2:【戦闘技術(空手)】【衝撃(気功)】
7500:2:【腕力強化】【脚力強化】
8000:3:【戦闘技術(空手)】【諜報技術】【隠密技術】
8500:2:【腕力強化】【脚力強化】
9000:3:【戦闘技術(空手)】【諜報技術】【隠密技術】
9500:2:【衝撃(気功)】【衝撃(気功)】
10000:2:【戦闘技術(空手)】【衝撃(気功)】

○ダメージ計算 (基本値)
基本値=根源力÷判定単位÷4=10000÷200÷4=12.5→13

  • 中間判定/成功/大成功=6/13/25

-