※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セッションデータ「いきなり最終決戦」


このセッションデータは題名の通り、今までの過程を全て省略して最終決戦という、特定された状況を楽しむ為のものです。
このデータでの最終決戦とはRPG・漫画・小説・アニメ・ゲームなどのあらゆる状況で行いますが、予め世界観などを参加者で相談などをして決定しておくといいかもしれません。
参加者は今まで長い旅を続けてきた仲間という設定で、共通の目的などを果たすために最終決戦に挑むというセッションを行います。
過去に起こった出来事などは全てプレイヤーとSDでその場のノリ決定し、話を盛り上げていくと良いでしょう。
成功要素は「能力」「技能」「所持品」「厨設定」の4つからなります。「厨設定」は3つ分の成功要素を持つなどとしても良いでしょう。
PC達が置かれている状況は最終決戦なので大概の無茶は通用するものとします。

また、とっさに過去設定などが出ない時のために以下のランダムチャートを使用してもいいかもしれません。

舞台決定チャート

設定などが決まらない場合はダイスで以下の中から選ぶといいでしょう。

世界観チャート


1:ファンタジー風
2:異世界召喚モノ風
3:巨大ロボ風
4:伝奇風
5:SF・スペースオペラ風
6:現実世界(歴史モノなどでも可)

初期状態チャート


1:人類は滅亡の危機に瀕している
2:敵の罠にはまって大ピンチ
3:敵に捕らわれている
4:敵の本拠地の前に辿り着いた所
5:敵味方の軍勢が対峙している
6:敵のボスなどを追い詰めた所


イベントチャート

PCの過去設定などが決まらない場合は、前の打順の人の判定が終わった直後に以下のチャートでイベントを決定し、それに従いロールや行動宣言を行い難易度を削るといいでしょう。
また、以下のチャートを元にしてのロール・行動などに関しては極力こじつけなどを認めると面白いでしょう。

1:PC死亡


1:唐突に死亡
2:無念に死亡
3:味方に裏切られて死亡
4:敵と刺し違えて死亡
5:仲間をかばって死亡
6:いろんな意味で死亡

2:PCの状態変化


1:実は寿命が残り少ない
2:実は発狂している
3:実は性別を偽っていた
4:実は年齢を偽っていた
5:実は特殊な性癖を隠していた
6:実は異性のキャラクターとの間に子供が出来ている
(異性キャラクターがいなければ本人の性別変更)
(別のキャラクターはダイスでランダムに決定)

3:PCの過去設定


1:実は普通の人間である
2:実は過去の大罪人などの生まれ変わりである
3:実は過去に大きな罪を犯している
4:実は過去に大きな功績を残している
5:実は過去の英雄などの生まれ変わりである
6:実は世界的に重要な存在である

4:他のPCとの関係


1:実は別のPCと血縁関係にある
2:実は別のPCが仇である
3:実は別のPCから憎まれている
4:実は別のPCに片思いしている(同性でも)
5:実は別のPCと恋人である(同性でも)
6:実は別のPCと婚姻関係にある(同性でも)
別のPCはダイスでランダムに決定。

5:敵側のNPCとの関係


1:実は敵のボス(幹部)に激しく恨まれている
2:実は敵のボス(幹部)と交流がある
3:実は敵のボス(幹部)と血縁関係などがある
4:実は敵のボス(幹部)に片思いされている(している)
5:実は敵のボス(幹部)と親しい関係(恋人・親友)だった
6:実は敵のボス(幹部)との間に子供が出来ている
(異性のボス・幹部がいなければ本人の性別変更)

6:最終決戦に向けての特殊設定


1:実は○○ネ申であった
2:ボスが死ぬと世界が滅びる
3:あと5分で世界滅亡
4:味方の勢力が援護してくれる
5:対ボス用の秘密兵器を持っている
6:実は真の黒幕だった