※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三国・戦国A-DIC


戦国乱世の中で戦場を駆け抜けたり
武者修行に励む男達の時代を楽しむ為のA-DICです。

日本の戦国時代、三國志演義・水滸伝などを
イメージした舞台でのセッションができます

サンプル世界観


  • 三國志演義
1:黄巾の乱
後漢(王朝の名前)末期、腐敗した王朝に対して
大規模な農民一揆が起きた
彼らは目印として黄巾と呼ばれる黄色い頭巾を頭に巻いた事から
黄巾賊と呼ばれる
率いるのは太平道と呼ばれる宗教の祖、張角
官軍と黄巾賊の対立は続いている

2:董卓の専横
黄巾の乱が指導者の壊滅によって収束されると
王朝の政治腐敗は加速していった
権力争いにより混乱を極める王都・洛陽
混乱を治めたのは董卓という男の乱入であった
董卓は王都警護の軍勢と、誉れ高い武人の呂布を手中に入れて
専横を振るい始める
諸侯の打倒董卓の気運は高まりつつある

3:赤壁前夜
時代は進み、天下の形勢は皇帝を擁する曹操が握っていた
天下の要所ともいえる荊州を無傷で手に入れた曹操は
そのまま更に南征を開始する
そこには周瑜率いる呉の軍勢と
打倒曹操に燃える劉備の軍勢が待ち受けていた

  • 戦国
三國志と違い、NPCを史実から持ってくると
生まれの土地の武将の能力等で揉める恐れがあるので
基本的には日本の戦国時代のような世界観、とだけ決めておきます


世界観共有キャンペーンについて


数字の若い順に時代は古くなっています。
別のシナリオでも、増えた根源力だけは使用できますが
名前や設定などは引き継げません
シナリオでPCが死亡した場合は、次からはそのシナリオでは
初期能力から開始になります。
別のシナリオにすでに成長した状態で参加しているキャラは
継続して使用できます。


A-DIC作成者:SB

Index

追加ルール


1.根源力について

キャラクター作成時点の根源力は2000です。
判定単位は基本200を主眼に作られています。

2.専用絶技(三国・戦国専用)に関して

キャラクターは根源力1000につき
新たに1つ専用絶技を習得できます。
つまりキャラクター作成時点で2つの絶技を習得している事になります。
最大で10+【武神】【軍神】を所持できます。

原型Aの自分の得意分野とは別に属する絶技は
PC作成時に習得する場合を除き
新たに習得するには追加設定が必要です
習得済みの絶技を重ねてとる場合は
新たに追加設定をとる必要はありません。

師匠に師事しているのが条件の絶技は
追加設定を取得してから習得してください。
師匠は武芸・知略のどちらかを選んでください
原設定Aと違う分野の師の場合は
師事が条件の絶技以外を取れるようになります。
(その場合は師匠の根源力÷2000の種類しか
 分野違いの絶技は取れません)
また、セッション中に他PCやNPCと師弟関係を結べれば
今後、追加設定での根源力の枠に嵌まらずに
その相手を師匠として取れます。

仙術・妖術に属する絶技は追加設定を取らないと取得できません。
【武神】【軍神】は追加設定を取れば絶技習得枠を越えて所持できます。
絶技は根源力1000ごとに習得できますが、すぐに取る必要はありません。
追加設定で取れる範囲を広げてから取るのも選択の1つです。

部隊絶技はキャラクターの絶技とは別に1つだけ持てます。
また、部隊絶技はセッションごとに選びなおせます。
PCの絶技と部隊絶技の同ターンでの並行使用を認めるかはSDの裁量に委ねます。


3.戦闘やダメージに関して

ver3戦闘ルールを基本に
戦闘は攻防同時処理で行います。
敵味方ともに、攻撃と防御の成功要素は分けて同時に提出し、
目標に攻撃したらその対象から攻撃(反撃)が来るものとします。

長文になりましたので、詳しくはこちらで解説します
三戦・戦闘ルール補足

4.原型・原設定



原型 人間 根源力(2000~10000用、10001以上はNPCとして扱います)


原設定ボックス

設定ボックスは、以下の事柄で構成されます。

A:得意分野:武芸(1、2、3)・知略(4、5、6)
B:心の傾き:義理(1、2、3)・野望(4、5、6)
C:A+Bで決まるもの
D:所属:在野(1、2)放浪軍(3、4)群雄の配下(5、6)
  軍団長・小大名・群雄
 (追加設定を取る、またはセッションで城を取ったり
  君主から任命されるなどをしないと選べません)

A:得意分野のボックス


武芸
  • 日頃から腕を磨いている
  • 人に武芸を教えるのが得意
  • 三度の飯より戦好き

知略
  • 書物により蓄えられた知識がある
  • 経験から得た豊富な知識を持っている
  • 自ら書物を書き、それなりの評判を得ている

B:心の傾きのボックス


義理
  • 恩義に報いる為には人生を賭けられる
  • 地元で慕われている
  • 困っている人を見捨てられない

野望
  • 己の国を打ち立てようと思っている
  • 高価な物に目が無く、色々な物を所持している
  • 酒池肉林を夢見ている

C:A+Bで決まるもの


武芸+義理
  • 誰かを守る為には普段以上の力を発揮する
  • 気の合う仲間と絶妙な連携がとれる
  • 誰かの仇討ちを目的としている

武芸+野望
  • 自分の意を通す為に武力を振るう事を厭わない
  • 恐怖で人を統制することに長けている
  • 異民族・山賊・野盗などと繋がりがある

知略+義理
  • 窮民を救う為に学問を身につけた
  • 常に犠牲の少ない道を模索している
  • 損得勘定は得意だが、義理や情に流され易い

知略+野望
  • 根回しが得意
  • 目的を達成するまでは己の野望を包み隠せる
  • 情報通である

D:所属のボックス


在野:何処にも所属していない一般人です
  • 自分が仕えるに相応しい人物を探している
  • 過去に人に仕えていたが、見限って野に下った
  • 大志を胸に秘めて力を蓄えている
  • 世間の事はどうでもよく、日々の生活を楽しんでいる

放浪軍:国を持たない少人数の集団です
  • 世の現状を憂いた人々の集まり
  • 拠点を奪われた敗残兵の集団である
  • 大志の為に拠点となる土地を求めている
  • 山などを拠点として金品を奪う盗賊集団

群雄の配下:何処かの国の下で働く人物です
  • 主に表向きは絶対の忠誠を誓っている
  • それなりの発言力を持っている
  • 特殊部隊に所属している(忍び・農兵・攻城部隊などの内容を明記)
  • 主に嫌われていて、閑職についている


原成功要素と根源比配分比

原成功要素と根源力配分比
原成功要素は以下の通りです。:の右の数字が配分比になります。
同名成功要素は基本的に3つまで認めます。
(マウントアイテムの成功要素はすべて同名でも構いません)

1.体 力:2(身体能力、身体技術など)
2.知 力:2(知識や思考能力など)
3.能力・技能:2(1、2と多少内容が被っても構いません)
4.魅 力:1(兵士を奮い立たせたり、人を惹きつけたりする容姿など)
5.所持品:1(武器、鎧、金品など、所持しての移動が可能なあらゆる物)

A、得意分野:「武芸」を選ぶと「体力+1」、「知略」を選ぶと「知力+1」
B、心の傾き:「義理」を選ぶと「魅力+1」、「野望」を選ぶと「所持品+1」

絶技に関して

詳細は別項目で説明を行いますのでそちらを参照してください。

マウントに関して

マウントはキャラクターの根源力2000ごとに1つ認めます。
キャラクター作成時には、マウント可能枠は1つになります
成長をさせる事により、最大5つまで増やす事が可能です。
アイテムは、通常は成功要素として登録していますが、特注品や特別な力を持った物に関しては、
その能力に相応しい根源力を与えマウントさせる事が可能ですが、
そのためには「追加設定」で武器等を取得する必要があり、サポーター(NPC)も同様に扱います。
マウントが可能になる追加設定には【マウント可能】と明示されています。

ダブルキャストに関して

成長による追加設定でダブルキャストを取得していて、さらにSDにより使用が認められた場合のみ
そのゲームで使用する事ができます。


成長

○追加設定ボックス
追加設定ボックスは作成キャラクターの根源力が25%を越えるたびにボックスから一つを選んで設定としてもつことが出来ます。
キャラクター作成時の根源力は通常2000ですから、500ごとに追加設定を1つ得られます。根源力が2500,3000,3500,4000,……を越えるごとに追加設定を得られます。

▽根源力2001以降、取得できるもの


  • 専用の武具等を手にする(根源力1000相当)【マウント可能】
  • 名馬を手にする(根源力1000相当)【マウント可能】
  • 有用な書物を手にする(根源力1000相当)【マウント可能】
  • 子分ができる(根源力1000相当)【マウント可能】
  • 実は私兵を持っている(根源力500相当、戦争時には500人追加)【マウント可能】
  • 実は師匠に師事していた(根源力4000相当。絶技取得の設定など、師匠は人間のみとする。)
  • 不倶戴天の宿敵が現れた。(根源力4000相当)
  • 地元で通り名で呼ばれるほど有名になる(呼び名はSDが決める)
  • 目指している事柄に対するチャンスが出来た。(次回辺りに設定に沿った目的のチャンスが訪れる)
  • 原型Dの所属を変えることができる(変わる理由も付記してください)
  • 実は義兄弟がいる(根源力4000相当、今後の追加設定でサポーターになりうる)
  • 実は名家の出身でそれなりの資産を持っている。
  • 実は別世界から来た(現代で手に入る物を常識の範囲内で所持できるようになる)
  • 実は性別が違った。(任意に決めてよい)
  • 実は年齢を偽っていた。(常識的な範囲で任意に決めてよい)

▽根源力4001以降、取得できるもの


  • 実は何処かの国の君主と血縁関係にある
  • 実は私兵を持っている(根源力1000相当、戦争時には1000人追加)【マウント可能】
  • 実は師匠に師事していた(根源力6000相当。絶技取得の設定など、師匠は人間のみとする。)
  • 仙術・妖術以外に属する絶技を自由に一種類習得する事ができる様になる。
  • ダブルキャストを1つ閃いた。(設定取得時にダブルキャストにする絶技を提出してください)
  • 周辺の地方で通り名で呼ばれるほど有名になる(呼び名はPLが決める)
  • 実は次回辺りに義兄弟が出てくる(根源力4000相当、義兄弟がいるという設定取得済みのみ)
  • 実は仙人に出会っている(下記の追加設定を取得する為に必要)
  • 実は仙人から秘儀を伝授されている。(仙術・妖術に属する絶技を取得できるようになります)
  • 実はちょっとした特技を持っている(物品鑑定、踊り、占い、貨幣偽造、など前提で有利に)
  • 実は重大な使命を帯びている(使命を与えた者から軽い援助を受けられるようになる)
  • 次回辺りに宿敵との対決が起こる。(根源力6000相当)


▽根源力6001以降、取得できるもの


  • 有名な武器等を手にする(根源力4000相当)【マウント可能】
  • 二つと無い名馬を手にする(根源力4000相当)【マウント可能】
  • 伝承に残る古い書物を手にする(根源力4000相当)【マウント可能】
  • 実は師匠に師事していた(根源力8000相当。絶技取得の設定など、師匠は人間のみとする。)
  • 絶技【武神】を習得することができる。(原型Aが武芸の場合のみ取得可能)
  • 絶技【軍神】を習得することができる。(原型Aが知略の場合のみ取得可能)
  • NPCから縁談の話を持ちかけられる(根源力4000相当)
  • NPCと結婚する(上記を取得済みが条件。根源力4000相当)【マウント可能】
  • 特定の地域に拠点を築ける(根源力4000相当、世界観共有なら一度作った場所から移動できません)
  • 原型Dの所属を群雄の配下から小大名・軍団長に変えられる(拠点を持っている場合のみ)

▽根源力8001以降、取得できるもの


  • 特定の地域に城を築ける(根源力6000相当、世界観共有なら一度作った場所から移動できません)
  • 原型Dの所属を群雄に変えられる(拠点、もしくは城を持っている場合のみ)
  • NPCから縁談の話を持ちかけられる(根源力6000相当)
  • NPCと結婚する(上記を取得済みが条件。根源力6000相当)【マウント可能】
  • 次回辺りに宿敵との決着がつく。(根源力8000相当)

根源力4001以降でも、2001以降取得可能な物は取れます


以上の追加設定は変更の可能性があります。

キャラシート

このA-DICでは判定単位200でセッションを行う事を主眼として設定されています。

キャラクター登録用ブランク(根源力2000・判定単位200)


○キャラクター設定

名前:
年齢:
性別:
簡単な設定:

原型
A:得意分野:【】
B:心の傾き:【】
C: A+B:【】
D: 所 属:【】

○追加設定
○原成功要素:(配分比):(根源力):(成功要素数)

体力:(2):(400):(2)
【】
【】
知力:(2):(400):(2)
【】
【】
能力・技能:(2):(400):(2)
【】
【】
魅力:(1):(200):(1)
【】
所持品:(1):(200):(1)
【】

原型による配分比修正
A(得意分野):「」→「+1」
B(心の傾き):「」→「+1」

○マウント
キャラクター
-武器等(根源力00)【】【】

○習得絶技
【】(根源力000・疲労 点)
【】(根源力000・疲労 点)


(このA-DICはシュワ@デスゲームSDの製作した
 伝奇A-DICを下地に作らせてもらっています)

-

コメントをどうぞ


名前:
コメント: