※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メガテン・補足

ここでは様々な補足を行ないます

Index

原型:D:技術体系について

選択した内容に応じて様々な効果を受けられます。
共通以外は『悪魔』と『人間』で選べる物が異なりますが
種族『その他』はどれでも選択できます。

共通

  • 朋友同道
PCと深い信頼で結ばれているパートナーをサポーターとして所持できます。
パートナーをマウントするには、マウント枠2つ分が必要となります
(この設定でPCを作成した場合、初期所持のマウントはこれになります)
通常のサポーターと同様に、原型に従って作成してください、姿形は自由です
パートナーは追加設定での強化の際に、更に+500されます(計1000の増加)
パートナーの絶技・特殊能力装備枠は8つです。
ただし、通常のルール通りにパートナーにサポーターは持たせられません。
パートナーは合体に使用はできません。

  • 魔具所有
魔力の篭った成長する道具をマウントアイテムとして所持できます。
(この設定でPCを作成した場合、初期所持のマウントはこれになります)
通常のマウントアイテムと同様に作成してください、道具の種類は自由です
魔具アイテムはPCの根源力が1000成長するごとに500成長します。
魔具アイテムは合体に使用はできません。
絶技・特殊能力効果は根源力1000分を犠牲にする事で
下位絶技・特殊能力、2000分で中位、3000分で上位の効果を得られます。
(犠牲にした分の根源力はダメージ計算から外されます)
成功要素の種類の入れ替えは絶技・特殊能力効果に変える時のみ可能です。
一度、絶技・特殊能力効果にした時点で、そこからの変更は不可能とします

人間用

  • 精神体
自らの精神から作りだしたエネルギー体をサポーターとして所持できます。
(この設定でPCを作成した場合、初期所持のマウントはこれになります)
通常のサポーターと同様に、原型に従って作成してください、姿形は自由です
精神体サポーターはPCの根源力が1000成長するごとに500成長します。
PCの根源力が4000で2000を一体、6000で更に3000を一体得られ
合計三体を所持できますが、一度に呼び出せる(マウントできる)のは
一体だけになります。
精神体サポーターは合体に使用はできません。
なお、精神体サポーターは原型:Aが人間であっても
【召喚】の特殊能力が必要となります。
精神体サポーターとPCは感覚を共有でき
また、その根源力÷100cmまでの物質(非生物)を透過して移動が可能です
ただし、精神体サポーターはPCと50m以上離れる事ができません

  • 造魔使役
人造の悪魔をサポーターとして所持できます。
(この設定でPCを作成した場合、初期所持のマウントはこれになります)
通常のサポーターと同様に、原型に従って作成してください、姿形は自由です
ただし、原型Aは『その他』【人の手によって創られたモノである】で固定になります。
造魔は通常のサポーターとは異なり、絶技・特殊能力の枠は6つです。
造魔は通常の合体法則とは異なり
組み合わせたサポーターの根源力をそのまま造魔に加えます。

  • 収集家
道具の扱いに非常に長けており
使用マウントアイテムの根源力合計に20%分の追加修正を受けられ
(ダメージ計算式には修正を受けられません)
物品を調査、鑑定する際にPCの根源力の20%分の修正も受けられます。

  • 治療技術
絶技【治癒小】【治癒中】【治癒大】の根源力に50%の追加修正を受けられます。

  • 探偵技術
絶技【現場検証】【広域調査】の根源力に50%の追加修正を受けられます。

悪魔用

  • 配下統制
余程の無理のある状態を除き
PCの負傷・疲労ダメージをサポーターに肩代わりさせることができます。
(サポーターにPCを庇わせた、サポーターから精気を吸い取り疲労を回復など)
また、サポーター使用時に
使用サポーターの根源力合計の10%の成功要素追加修正を受けられます

  • 種族属性
『物理』『魔法』PC設定の属性のいずれかから選択します
設定した属性を使用した行動で
PCの根源力の20%の成功要素追加修正を受けられます

  • 特殊空間
自分を中心にPC根源力÷500×100m四方に、特殊な空間を張ることができます。
行動宣言ではなく、ロールで空間を作り出す事も可能です
一度空間を張ったら1ターンの間は解除不可能です。
特殊空間の効果は作成時に以下から1つだけ選んでください。
詳細指定は空間を張る際に毎回変えて指定することができます。
特殊空間内の出来事は外からは分かりません


  • 【特定絶技・特殊能力使用禁止】
指定した絶技・特殊能力を敵味方、自身を問わず使用できなくします
(指定された絶技・特殊能力の上位、または下位に当たるものも同様です)
これに逆らって指定絶技を使う場合には、絶技疲労は2倍に上がります。

  • 【特定属性強化】
指定した属性を使用した者すべてに根源力の10%の追加修正を与えます

  • 【特定属性禁止】
指定した属性に当たる物は敵味方、自身を問わず、すべて使用ができなくなります
これに逆らって指定属性絶技を使う場合には、絶技疲労は2倍に上がります。

  • 【特定感覚力低下】
指定した五感の1つが敵味方、自身を問わず低下します
(【特定感覚力低下(視覚)】内で能力:【目が良い】が抽出されなくなるなど)
ただし、【部位強化】で指定された感覚力を司る器官を強化している場合には
この空間の効果に打ち勝つ事ができます。

  • 【特定主義空間】
敵味方を問わず、自身の原型Cと異なる思想の持ち主を弱体化させます。
具体的には絶技・特殊能力の抽出率を80%に
絶技疲労を1.5倍にさせます。

  • 変身種族
絶技【変身】の根源力とダメージに50%の追加修正を受けられます


-